FC2ブログ

癒しの釣りを楽しむ

紅葉トレッキング 大菩薩嶺







日曜日の夕方の天気予報で、翌26日月曜日は晴れでそれ以降は下り坂になると・・・

暇なので急遽紅葉トレッキングに行くことに (^^ゞ

だいぶ日照時間も短くなってきているので、比較的短いコースで登りやすい山を選びました。

巻機山も考えましたが、ゆっくり紅葉を見ながら歩きたいので、今回は大菩薩嶺へ。






朝5時に成田を出発、途中談合坂SAで休憩して一気に上日川峠の登山口へ。

快晴で素晴らしい天気ですが寒すぎです。成田出発時の気温6度、都内へ入ると13度、談合坂で4度、登山口では未確認ですが0度付近だと思われます。

速攻準備して登山口へ、案内表示でコースを確認して登り始めます。

コース図 → http://www.daibosatsukankokyoukai.net/tozan-map.html

上日川峠 1574m → 福ちゃん荘 1711m → 雷岩 2047 → 大菩薩嶺 2050M → 雷岩(昼飯) → サイノ河原 1948m → 大菩薩峠 1897m → 福ちゃん荘 1711m → 上日川峠 1574m













軽やかに歩き始めますが、すぐにハーハー言って息切れして失速・・・毎回の事ですが (^^ゞ

酸素濃度が薄い場所は苦手な身体なんでしょう。

ゆっくり森を歩いて30分程で福ちゃん荘に到着、水を補給して出発。










少し歩くと富士見山荘がありコースを間違えています。しかし、ここでコースを間違えた事に気づいていません。

富士見山荘と言うくらいなので富士山が見えましたが山荘は廃業している様でした。









そこからも息切れと小休憩を繰り返しながら登ると介山荘が見えてきました。

ここでやっとコースを逆回りしていることに気が付きましたが、時すでに遅し大菩薩峠に到着です(笑)

しかしこのコースは凄く歩きやすいコースですよ、階段は無くずっとなだらかな登りが続きます。













大菩薩峠へ出ると富士山から南アルプスまでが綺麗に見えました。上空には雲一つない青空が広がり、気温は低いのですが風は弱く寒く感じません。

最高の登山日和です。介山荘の管理人から「今日は素晴らしい天気だよ」と声を掛けられました。

なんて普段の行いが良いのでしょうか(笑)






甲府盆地です↓α100では解像度不足ですね。













大菩薩峠から雷岩へ向けて歩くと八ヶ岳も見え始め、行く途中は素晴らしい景色の連続でした。

来シーズンは八ヶ岳にもチャレンジできればいいかな・・・



























雷岩に到着。昼前なので大菩薩嶺まで行きましたが、山頂は林の中で景色は望めません。

雷岩まで戻り素晴らしい富士山を眺めながらランチタイム。

ブシュッ!とドライを開けて素晴らしい景色に乾杯 (^^♪















皆さんが静かに景色を眺めながら、ランチタイムを楽しんでいるところで、大声ではしゃぐオバサンの団体には困ったものです。





40分程ゆっくりしてから唐松尾根を通り福ちゃん荘を目指して下山します。

唐松尾根コースは結構斜度があり注意して下山しました。このコースを登るのは結構キツイかも・・・、予定では登るはずでしたが間違えて逆コースになったのが正解でした (^_^;)

紅葉には少し遅かったですが、素晴らしい唐松林を堪能できました。
















福ちゃん荘を通過して、上日川峠 に到着。

帰りは大菩薩湖の下流にある天目山温泉に立ち寄り湯、露天風呂から素晴らしい紅葉が楽しめました。

湯船に浸かると肌がヌルヌルします。美肌効果は・・・?

この温泉、脱衣所が狭く結構混雑していました。

http://eiwa-kotsu.com/tenmoku/






帰りは中央高速で2回も渋滞に嵌り、20時に帰宅でした。




そろそろフグ釣りへ行きたいのですが・・・







朝日新聞は全世界へ向けて慰安婦の捏造報道を訂正謝罪せよ(-_-メ)
スポンサーサイト



  1. 2015/10/28(水) 08:15:45|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

スタッドレスタイヤで悩みました (^^ゞ






今週は納車の予定です。

納車されてから一か月以内にはサーモン遠征があるので、安心して峠越えができる様に早速スタッドレスタイヤを用意しなくてはな・・・

嘘か本当か知らないが、北海道で着装率ナンバーワンと言うブリヂストンのブリザックVRXが気になる。

鳩山のババぁには儲けさせたくないが、背に腹は代えられず購入???できません。




ハイエースはトラック仕様のタイヤでした (^_^;)

ハイエースのタイヤサイズは195/80R  15 107/105 LT

同じサイズから選択するとブリザックのVL1バン・小型トラック用になるのだが、あまり氷上性能はよろしくない。




そこで悩んだ挙句にフラッグシップモデルと同じ材質の発泡ゴムを使用しているDM-V2はどうかと・・・

VRXも無理をすれば履けないことはないが、何といってもタイヤの強度が心配なんです。

ハイエースは軽自動車を積んで走れますから・・・まぁ~実際にはやりませんが (^^ゞ (笑)




標準タイヤ195/80R  15 107/105 LTの107はロードインデックス(負荷能力指数)でタイヤ1本で975kgの負荷能力があると言うこと・・・

SUV、四駆用のDM-V2なら乗用車用のタイヤよりは強度はあるので検討してみた。

さすがSUV、四駆用用のタイヤなので大きい物が多いが、小さめの215/70R 16 100Qしかない・・・

ロードインデックスは100で800kgの負荷能力である。

実際に定員5名を乗せて、300kgの荷物を積んだ想定で荷重を計算すると778kgとなり強度的なものはクリアー (^^)v




たぶんハイエースのタイヤハウスに収まるとは思いましたが、念のため新車を買ったので無理矢理でトヨタのセールスマンに確認とホイール探しを依頼。

このホイールなら入ると言うことでキラーフォースのアルミとセットで入れることにしました。

当然車検は通らないので、ディーラーでの着装は勘弁と言う事で、自分で履き替えます (^^ゞ

これで雪道をガンガン飛ばして行けます (^^♪



車を乗り換えてホイールのボルトが1本増えたからと言う訳ではないですが、今まで感で締め付けていたホイールナットが気になりまして・・・

ノーマルとスタッドレスを履き替えると、ついつい締めすぎてしまいます。




そこでトルクレンチを調達しようかと考えました。

取り合えず信頼性がありそうなメーカーはTONE、KTC、日東あたりかと思いますが・・・

日東は支那製らしいのでパス。

価格からしたらTONEかな・・・トルクレンチを使っている方はいらっしゃいますか・・・



朝日新聞の記事は嘘ばかりです (-_-メ)
  1. 2015/10/25(日) 14:57:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:20

紅葉狩りトレッキング




紅葉狩りトレッキング 新潟県南魚沼郡湯沢町 湯沢トレッキングコースⅠ 10月16日(金)




秋も深まり紅葉狩りの季節となりました。(^^♪

毎年紅葉狩りへ出掛けている那須岳の姥ヶ平はタイミングが合わず行けずじまい。

時間は自由になるのですが、天候は思うようになりません。

今年の紅葉狩りは混雑を敬遠して、マイナーな場所?湯沢トレッキングコースⅠへ出掛けてみた。




前日の天気予報で新潟県湯沢町は晴れ、成田は雨予報・・・随分迷いましたが決行。

朝3時半に起きると雨が降っていたので、最悪は湯沢で温泉のハシゴして帰ってくる覚悟。

しかし関越道を北上して行くと、徐々に天気が回復、群馬県側は曇りでしたが、関越トンネルを抜けると、そこは晴れ国でした (^^ゞ





町中のコンビニでお握りとドリンクを調達して、湯沢高原ロープーウェイ山麓駅へ。

http://www.yuzawakogen.com/index_02.html

早く到着したのでゆっくり支度をして始発のロープーウェイで山頂駅へ。

乗客は我々の他には1名だけ・・・空いています(^^♪









予定コースは、山頂駅からアルプスの里を横切り、急登りの一楠場コースで紅葉の栄太郎峠へ。

栄太郎峠から紅葉の素晴らしいブナ林を下り八木沢コースへ。

八木沢コースを清津川沿いに三俣ステーション近くの八木沢バス停へ、バスで湯沢駅へ戻ってくる計画。





9時に山頂駅を出発、アルプスの里をルンルン気分で通過、急登りの一楠場コースに入ると滝汗です。(^_^;)

いくつか小沢を渡りグングン高度を上げていくと、紅葉の色も濃くなっていきます。

10時15分に栄太郎峠1027mに到着して休憩。

















栄太郎峠から八木沢コースへ下っていきますが、途中のブナ林の素晴らしいこと、何度も立ち止まって眺めてしまいます。

凄く気持ちの良い癒しのブナ林をドンドン下っていきますが、やはりマイナーなコースなのか登
山道は多くの人が歩いた形跡が無く、整備も不十分でした。

ロープーウェイに乗って山に入ったのは我々しか居ないので、ちょっと熊さんとの遭遇を心配して時々大声を出して歩きました(^^ゞ














11時34分、八木沢コースの栄太郎峠登山口に到着。標高542m

そこから鹿飛橋を目指しますが、途中で急な登りがあり、時間や膝の状態を考えて引き返しました。

引き返してフィトンチッド広場で1時間癒しのランチタイム。

鮮やかな紅葉と力強い森の緑、遠くに聞こえる清津川の流れ・・・まさに癒しのランチタイムでした。












13時5分、八木沢コースの入り口のバス停へ向けて歩き始めます。

清津川沿いを歩くので、次から次へと絶好のポイントが現れます。イワナとヤマメの大物が居そうなので来シーズンはロッドを持って行こうかな・・・(^^♪

途中でミネラルたっぷりの大峰の原水を飲み、ゆっくり歩きながら14時50分に八木沢バス停に到着。





















がしかしバスの時刻表をチェックすると1時間以上バスが来ない(^_^;)

1時間は待てないのでタクシーを呼んでロープーウェイの山麓駅まで戻りました。

石打ユングパルナスで立ち寄り湯して汗を流してから、湯沢駅前のへぎ蕎麦の中野屋へ。

中野屋の蕎麦は美味しいです(^^♪

石打ユングパルナス http://www.yungparunas.com/

へぎ蕎麦の中野屋 http://www.umaisoba.com/





18時に湯沢駅前を出発、関越道の高坂SA付近の事故渋滞回避のため、北関東道と東北道経由で首都高に入り21時10分帰宅。

湯沢トレッキングコースⅠは 歩行距離9.6km 、5時間57分 、16,537歩でした。

トレッキングコースで出会った人は3名でした。







朝日新聞は売国奴新聞 (-_-メ)
  1. 2015/10/17(土) 16:51:57|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

プロフィール

ガッチャン

Author:ガッチャン
源流から本流、沖釣りまで広く浅く釣り歩いている基本ルアーマン。
登山、スキー、キャンプも回数は少ないですが出掛けています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
沖釣り (55)
日常 (128)
渓流・湖 (58)
サクラマス (41)
オフショアルアー (27)
車 (3)
スキー (23)
登山・トレッキング (40)
サーモン (11)
旅行 (7)
自転車 (1)
写真・カメラ・スマホ (2)
グルメ・食べ物ネタ (14)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR