FC2ブログ

癒しの釣りを楽しむ

ビアクルーズ2015





ベタ凪の海を滑るようにクルージング、ナブラにルアーを打ち込む、ガツン!と言う衝撃とともにルアーをひったくり突っ走るヒラマサ、カツオ、シーラ!

大きく撓るロッド、悲鳴を上げるリール、キラキラと輝きながら海を割って浮き上がるヒラマサに勝者の雄叫び!

真っ青な海のイオンを浴びてビールを飲みながら過ごす至福の時・・・・・ビアクルーズ





ビールを飲みながら夏の海を楽しむビアクルーズを久しぶりに行いました。

今回はネット釣り友の極楽トンボさん、ヘイさん、たかっちさん、元の職場の釣り友Nさんと私の5名です。

船は大型の敷嶋丸1号船で皆さん好きな釣り座へ入ります。私はお立ち台へ・・・






ゆっくりとお昼の出船です。

天気予報では関東内陸で猛暑になるとかで・・・

さすがに日焼け止めを買っていきました。日焼けするとシミになりやすいデリケートな年頃なので(笑)

タックルを船に積み込んで準備をしていると暑いのなんの・・・早々にビールで乾杯 \(^o^)/










ビアクルーズだから海はベタ凪ということにはならず、ウネリは無いものの風が少し強く波がありました。

チョッと遠くのナブラは探せず鳥も少なかったです。

船は岩舟沖で真鯛とヒラマサが居そうなポイントを流します。






遠くへキャストしてボトムを取り、しゃくり上げて来ると中層より若干上でゴン!とアタリが!

すかさず鬼合わせを入れてファイト体勢へ・・・・・???

しかしファイトする間もなく水面を割って浮き上がったのは、なんちゃってヒラマサでした (^_^;)

サイズは選べませんから (^^ゞ










続いて艫に入った極楽トンボさんにもヒット!

何とカブラでなんちゃってヒラマサをキャッチです。

今日は爆釣かとニンマリしますが、自然相手ですからそうは甘くないですね・・・














アタリが少ない中でNさんが真鯛をキャッチ!

続いて何時のまにかビシマで釣っていた極楽トンボさんにも真鯛がヒットして難なくキャッチ!

しかし後が続きません・・・

スタート直後からコマセ係をしていたヘイさんは前半は死んでました。






Nさん真鯛キャッチです↓




ヘイさんゲロゲロで死んでます↓

ビシマを操る極楽トンボさん↓










アタリが無ければ飲むしかないでしょう(^^ゞ 

ということで空き缶が増えいきます。

ビール片手に皆集まって丸秘情報交換・・・話の内容はとてもここでは書けないなぁ~(笑)









リールシャクリ真鯛狙いは置き竿です(^^ゞ↓




お立ち台で釣っている間はナブラや鳥を探していましたが気配なく・・・

終盤にたかっちさんがハタをキャッチして終了となりました。

暑さに負けずに一日楽しく遊びました\(^o^)/















久しぶりにナブラを叩きたかったですが・・・

真夏の海が戻れば松鶴丸へ突撃かな・・・





タックル
ロッド・・・・・・・フィッシャーマン GB OCEAN
リール・・・・・・シマノ ステラ 8000H
ライン・・・・・・・PE4号
リーダー・・・・・ナイロン60Lb
ルアー・・・・・・スミス マサムネ






嘘つき朝日新聞は購読しません (-_-メ)(-_-メ)(-_-メ)
スポンサーサイト



  1. 2015/07/26(日) 12:07:30|
  2. オフショアルアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

避暑となってしまったレイクフィッシング





レイクフィッシング 群馬県野反湖 7月19日(日)



暇しているところにブロ友の翡翠さんから釣りのお誘いをいただき群馬県野反湖へ遠征してきました。

野反湖は群馬県北部に位置し発電用ダム湖で湖面標高は1,513m。

悪天候後の高活性を狙うと言うことで、台風11号通過を待っての出撃です。

俗に言う時化後の爆釣狙いですね (^^♪

狙うはブルーバック、背中がエメラルドブルーに輝く虹鱒です。





チョッと寝坊して5時に出発、ガソリンを給油したりして高速に乗ったのが5時半近かった・・・(^_^;)

首都高速は車が多い割に順調に流れましたが、関越道に入ってから所々で渋滞に巻き込まれ・・・(>_<)

車のナビ地図が古いこともあり、野反湖まで5時間も掛かりました。





翡翠さんに電話して場所を確認して準備しますが、初めての場所は装備で色々と迷いますね。

湖畔を歩いて行くとフライマンが10匹くらいのニジマスをプールを作ってキープしていました。

リリースはすると言ってましたが・・・








更に湖畔を歩いて翡翠さんと思われる人に声を掛けると、その瞬間にヒットしてファイト体勢に!

レインボーをキャッチandリリースしたところで改めてご挨拶。

始めてお会いしましたが好感のもてる紳士でいらっしゃいました。






ひと通り釣り方と状況をレクチャーしていただき釣り始めます。

中禅寺湖のタックルを持参したのですが、釣れるサイズが尺前後なので持ち込んだタックルはオーバーパワー・・・(^_^;)

使用スプーンも5~10gと何時も使っている私のシーバスロッドでは軽過ぎて上手くキャストできません。






湖は透明度が高く岸の近くを泳ぐ10センチほどのイワナやレインボー?が確認できます。

釣り始めると直ぐにアタリがあり、無意識に鬼合わせを入れてしまいノットで切れました (^_^;)

酔っぱらって作るノットは気合が入り過ぎなのか・・・ (笑)

開始早々車へライトタックルを取に戻りました。






車に戻ったついでに昼飯と高活性化液体も湖畔へ運び・・・乾杯です (^^♪

状況が良く魚の活性も高いので、余裕こいて翡翠さんと雑談タイム・・・(^。^)y-.。o○

性格の悪い奴の話では盛り上がりました(爆)









雑談終了して釣り始めると意外と簡単にヒット (^^)v

サイズ的には尺まで無かったので直ぐに寄せられましたが、ネットインで遊んでしまい一旦はネットに入りましたがフックアウトして逃走されてしまった (^_^;)

余裕でまた掛ければ良いとか思っていたのですが・・・

台風後の高活性サービスタイムが終了となりどんどん渋くなっていきます・・・

その後4回のアタリに1バラシで終了となりました。

やはり早起きして朝マズメを攻めないといけませんな・・・反省

まぁ~今回は避暑と言うことで・・・(^^ゞ

翡翠さんは安定した釣りで、回遊してくるとキャッチしてツ抜け一歩手前で終了。










片付けて車に戻る途中から雨が降り出し、走り始めた頃には土砂降りでした。

ナビは帰りも峠越えをガイドしましたが、翡翠さんの先導で八ッ場ダム建設に伴い開通したバイパスを走り渋川伊香保インターへ。

関越道に乗った途端に渋滞にはまり・・・北関東道経由で東北道へ迂回、4時間40分で帰宅。

走るのは苦なりませんが渋滞はね・・・マグロと一緒で常に走ってないと窒息しそうです(^^ゞ




タックル
ロッド・・・・・・・・ウエダ サーフェイストゥイッチャー STS-77Si
リール・・・・・・・ダイワ セルテート 2508RH
ライン・・・・・・・・PE0.8号
リーダー・・・・・・ナイロン10Lb
ヒットルアー・・・フォレスト マーシャル4.8g



次ビアクルーズ (^^♪



朝日新聞に騙されてはいけません (-_-メ)(-_-メ)(-_-メ)
  1. 2015/07/20(月) 14:09:30|
  2. 渓流・湖
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

リアクションバイトしやすい人です・・・




ブロ友さんがうなぎパイの写真をアップしていたのを見て鰻に反応してしまいました (^^ゞ

成田山門前の駿河屋さんへダッシュ 




暑くて参道に人通りがありません。歩いている人は日本語を話していないし・・・








駿河屋さんの駐車場へ行ったら満車でした。マジかよ 

仕方なく有料駐車場に入れました 

路上に止めている人もいますが、規則は守るガッチャンですから・・・ (^^♪








でもって駿河屋さんに入ると30分待ちでした。

オーダー受けてから蒸して焼くので更に30分掛かるとの説明があります。

暇なので勿論待ちます (^o^)





しかし土用前なのに混んでいますね・・・

やはりこの暑さのせいでしょうか・・・

私がブログで宣伝し過ぎたかな(笑)





ハイこれが駿河屋さんの共水鰻重です。







臭みが無く、しつこくなく、上品な味です。

2人で諭吉さん1人分チョッとですが満足感あります。

駿河屋さんのHPはこちら→ http://www.surugaya-unagi.net/hist.html






朝日新聞は嘘つき新聞です(-_-メ)(-_-メ)(-_-メ)
  1. 2015/07/14(火) 16:09:07|
  2. グルメ・食べ物ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

登山 谷川連峰 平標山




登山 谷川連峰平標山 7月12日(日)



鬱陶しい梅雨続きで5キロ散歩に行けず体脂肪が気になる今日この頃です (^^ゞ

奥胎内遠征の筋肉痛がとれたのでジム通いを再開・・・

日曜日の天気が良さそうなので、他の予定を調整して急遽登山決定。




バタバタと準備して3時半に出発。

赤城SAで冷たいぶっかけうどんナウ。暑いので舞茸うどんはパス (^^ゞ

湯沢インターを下りて7時に元橋駐車場到着、7時30分登山道へ。

平日に駐車している車は10台位ですが、さすが日曜日は多く100台以上は停まってました。

アクションカムを持参しましたが、ヘッドマウントやモノポッドに取り付けるアダプターを忘れて使用できず (>_<)






昨年はセミ鳴き声と鳥の囀りで煩いくらいでしたが、今回は静かなものでした。何故かな?

スマホ用の外付けマイクを持参したのに野鳥の声は録れず・・・

ウグイスは鳴いていましたが、家の周りの散歩コースでもウグイスとヒバリは沢山いますから・・・





ブナ林歩きは癒しです (^^♪~





無風の中で急登をひたすら登りますが、汗が吹き出し息切れ気味でペースが上がりません (^_^;)

鉄塔、標高1415mに8時50分着、大汗で速乾性衣類がびっしょり、風が吹くと寒いです。

寒いとビールがな・・・アッ!ビルーと氷を忘れた (T_T)

仕方ない山頂でのキンキンに冷えたビールは諦めて山小屋まで我慢だな・・・

10分休憩して登ります。


苗場スキー場↓



奥のうっすら見えるのが榛名山方面↓





後から登ってくる登山者にどんどん追い越されますが、気にせずゆっくり景色を楽しみながら登ります。

休日は山ガールも多いですね (^^♪~・・・カラフルな山ガールと思ったたらオッサンでした(-_-;)キモイ 

登山者が多いと色々な人が居ます。松手山の手前で70歳くらいと見受ける女性が座り込んでいて、足が攣ると話し掛けてきました。

聞くと何年ぶりかの登山だとか・・・グループで登っているらしく仲間は先に行ったと・・・

足を攣っている女性を独り置いて登り続ける仲間って・・・非常識な馬鹿でしょう。

先週にも事故があったばかりなのに・・・

女性には、この先に急登が何ヶ所もあるから無理ですよと諭しましたが、置いていかれたと言う焦りからか引き返すと言う判断ができない様でしたね。

松手山、標高1613mに10時着。







松手山を過ぎての尾根歩きは気持ちが良いですが、ガレ場の急登が待っているんですよ (^_^;)

先週に亡くなったお二人はこの辺りなんでしょうか・・・ご冥福を祈ります。

最後の急登を登り終えると平標山の頂上です。

平標山 標高1983mに12時ジャスト到着でした。

この時間では谷川連峰の最高峰仙ノ倉山 標高2026mまでは行けません。残念 (・_・;)


松手山からの尾根登山道↓



苗場山の一部(左上)、かぐら峰、カグラ・田代スキー場↓







浅間山でしょうか・・・↓






山頂は座り込んでランチタイムの登山者で混雑しているので、山小屋側へ少し下ったベンチを覗くと空いているので急いで確保 (^^)v

平標山で贅沢な一時間のランチタイムを堪能しました (^^♪

本当は山頂ステーキをやりたかったですが、急遽の登山で準備できませんでした。










ランチ後に平標の山小屋まで下り一休み。平標の山小屋 標高1656m 13時50分着

勿論、ビールタイムです (^^♪

ビール600円でお金を支払うと、外に冷えているから勝手に取ってくださいと・・・

山の湧水で冷えたスーパードライをいただきました (^^)v

しかしマナーの劣化が酷いですね…日陰の大きいテーブル2台を2人で占領する馬鹿女達、大声で騒ぐ年配者グループ、トイレがあるのに広い場所で立ちションする馬鹿オヤジ等々呆れてものが言えません。トイレも有料100円ですが、殆どの方が支払いません。一ヶ月くらい自衛隊に入隊して鍛えもらえ!って感じです。

30分休憩してから平元新道登山口を目指して長い下りへ入ります。










平元新道登山口 標高1202mに15時40分到着

ここから林道と別荘地内の道路を1時間歩いて、出発地の元橋駐車場へ戻ります。

16時50分元橋駐車場に到着です。

駐車料金が600円に値上がりしていましたよ。管理人が居ないと皆さん100パー支払いません。

帰りは雪ざさの湯に立ち寄り湯をして、22時に帰宅でした。

今日もいちにち良く遊びました。

奥胎内遠征で全身筋肉痛になったので今回は筋肉痛がありませんが、思ったより紫外線が強く顔と首が日焼けしました。地黒なので見た目は分かりませんが(笑)






お花畑のピークは過ぎていますが、気が付いた範囲で撮りました。カメラはα100



























次の登山は金峰山を予定したいのですか、カミさんは日光白根山へ行きたいようです。

次は渓流釣りかヒラマサか・・・ビアクルーズも近くなりました。



嘘八百を報道する朝日新聞 (-_-;)(-_-;)(-_-;)
  1. 2015/07/13(月) 13:59:40|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

岩魚釣り 新潟県胎内市 胎内川水系某支流




イワナ釣り遠征 新潟県 胎内市 6月29日(月)~30日(火)




2週間ほど前に新潟の友人つぶやきさんからイワナ釣りのお誘いいただきリアクションバイトして遠征してきました。(^^ゞ

遠征前日に入る渓を聞きググってみると、何と釣りよりシャークライミングや沢師の記事が圧倒的に多いじゃないですか (^_^;)

私もこの時期のイワナ釣りは一応泳ぐ覚悟はできているのですが、積極的にはびしょ濡れになりたくないかな・・・




29日

シャワークライミングをやる訳じゃないのですが、一応水抜けの良いバッグを買おうと当日の出発を遅らせ幕張の三井アウトレット内にあるモンベルショップに寄り道。

がしかし、アウトレットパークの改装工事でモンベルは休業中でした (>_<)

おまけに遅い出発で首都高の渋滞にはまり関越道に乗ったのが1時過ぎに・・・





何時もの様に安全運転で追い越し車線をキープして走行。

関越道を走行している間に私を追い越したのは危険運転のベンツ1台だけでした (^^ゞ

昭和インター付近を走行中にナビを見ると何と[m:74]フリーズしているじゃないですか。

いろいろ操作しても復帰せず、谷川岳パーキングに入ってエンジン停止させたら復帰しました。





日本海東北道の中条インターを下りてから1時間くらい走って6時に奥胎内ヒュッテに到着。

風呂に入って早速夕飯・・・じゃなくてディナー。

一泊二食9千円でスープ、前菜、オードブル、魚料理、肉料理、デザート、コーヒーと美味しくいただきました。

山奥の宿泊施設にしてはコスパ高いです。

つぶやきさんからの飲み過ぎると明日がキツイよと言う忠告メールを貰いながら生ビール、白ワイン、赤ワイン・・・しっかり飲み過ぎました (^^ゞ

回りの山々がもっと登り易ければ多くの人も訪れるのでしょうが、宿泊客は私と千葉市から来たと言う鳥写真家の二人だけでした。

ちなみに携帯は圏外でしたが、ヒュッテのオフィスにあるWi-Fiにロビー付近で接続可能です。

何故か5階の部屋のでもベット付近は繋がったので内線電話のケーブル等に伝搬しているのかも・・・

奥胎内ヒュッテ→ http://okutainai.com/plan.html





30日

朝6時に待ち合わせでしたが15分前につぶやきさんと合流。

つぶやきさんは地元の方でスキー、マラソン、トレラン、登山、茸採り、釣りと何でもこなす自然派タイプのアスリートであり博学でいらっしゃいます。

6時28分に出発、いきなり本流を横断して崖に取り付きます (・_・;)

昨日、ヒュッテの部屋から本流の対岸に凄い崖が有るなと眺めていましたが、マジでここを登るの?と聞いてしまいました (笑)

そこから急登が続き早くもバテバテ、昨晩の飲み過ぎを後悔することに・・・ (>_<)

ふらふら尾根を歩きましたが、所によっては100m以上の崖の上すれすれを歩いてました (・_・;)

約1時間30分後に山頂に到達、337mを登り切りました。足場の悪い東京タワーを1時間半で登った感じでしょうか・・・(笑)















後は下りるだけだからと聞いて安心するも・・・しかし、下り始めた場所はまたしても急な崖で行けば行くほどに急になり・・・マジでここを下りるの?と聞いてしまいました (^_^;)

草は掴まないで木を掴みながら下りますが、木が無かったら高確率で滑落間違いなしです (・_・;)

下りている途中に登山者の荷物が散乱、誰か落ちたか?に思わず下に死体があるんじゃないかと想像しましたよ。

つぶやきさんの豊富な知識と経験で約45分で278mを無事に降下できました。

スリリングな崖下りを経験できて良かったですが、次回はヘルメット、ハーネス等のクライミング道具を持参します (^_^;)





釣り場に着いたらヘロヘロでしたが、そこは釣り師、早速ロッドを出して釣り始めです。

場所的には魚影が濃くシーズン初期には40~50cmが出ても不思議ではないそうです。

まぁ~普通の人は来れませんからね・・・(笑)

釣り始めてルアーを追うイワナを確認しましたがヒットしません。下手ですね (^_^;)





つぶやきさんはテンカラで釣り上がりスタートして間もなくツ抜けしていた様です。

釣れるイワナは25cmから泣き尺サイズで、肥っているので良いファイトしてくれます タノシイ

釣り上がって行くと難所が・・・雪渓とゴルジュ帯が待ち構えていましたよ (・_・;)












何度も川を横断しましたが、そのたびに足の感覚が無くなりそうな低水温、恐らく4~6度 (^_^;)

歩いて登れない場所は岩場をへつって (岩壁の僅かな足場を頼りに岩場に張り付く様に登って行くこと) 行きますが、足を滑らせて落ちると超冷水ドボン罰ゲームでした (・_・;)

つぶやきさんが小滝を突破するためにオーバーハングの岩に取り付きましたが落下して完全に泳いでました。

私はへつりで足を滑らせて落下し胸まで水没・・・ひぇ~ひぇ~ひぇ~って感じで岩場をもがきよじ登りました (笑)

2人とも超冷水風呂に浸かりブルブル震えが来たのでコーヒーブレイク 





一息ついて釣り上がりますが、今度は雪渓が我々の前に立ちはだかります。

雪渓の厚さを見極め歩いて渡れれば、雪渓の厚い部分を慎重に歩くのですが・・・

暫くするとゴルジュ帯に巨大な雪渓が現れました 

下から見る範囲では取り付く場所も難しく、安全を考えて引き返すことにしました。

この先も良い釣り場の連続で良さそうなんですが無理はしませんキッパリ















最初に川に下り立った場所へ戻りランチタイム。

寒さと疲れで食欲ありません、って飲み過ぎのせいだったかも 

ランチ後は釣り下りなので私が先行しましたが、魚は居ると思いますがなかなかヒットしません。

時々ルアーを追うのは確認しましたが・・・修行が足りませんね (^^ゞ

実は始めて使ったパックロッドだったので上手くキャストできませんでした ←言い訳 

最後の雪渓は取り付く場所が無く、暗い雪渓の下を岩場にへつって下りましたが、見事に足を滑らせて落下、真っ暗なので足場が見えずもがくだけ 

大声でつぶやきさんを呼んで引き上げてもらいました (^^ゞ
























釣果は6キャッチandリリーですが・・・

その代償は2メートルの滑落1回、崖を降下中のヒラメ筋の痙攣、へつり失敗で冷水の川へ落下3回、全身筋肉痛(手の指から足の指まで)、靴擦れ両足、痣多数、その他

帰りも急登を覚悟していましたが、渓伝いの登山道を発見して助かりました。

登山道と言っても地元の人達が茸採りや釣りで入る程度ですが・・・

16時7分奥胎内ヒュッテに帰ってきました。

いやぁ~きつかったですが良い経験しました。山と渓は本当に良いですね、癒されます。




動画は音が出ます。音量注意。カメラを意識しないで撮影したので画像が激しく揺れます。
もう一本の動画を編集後にアップ予定です。





魚の写真が少なくて済みません。急な登りに崖の降下、雪渓突破にゴルジュ帯のへつり等々に必死だったので写真を撮ろうなんて考えませんでしたよ(笑)

今ももの凄い筋肉痛です (>_<) 




タックル
ロッド ダイワ パックロッド
リール ダイワ エアリティー2500
ライン ナイロン4Lb
ルアー Dコンタクト


次回はヒラマサか仙ノ倉山登山か・・・

渓流も早く行かないと虻の季節になるからな・・・




日本国を滅ぼしたい朝日新聞 (-_-メ)(-_-メ)(-_-メ)
  1. 2015/07/02(木) 12:12:02|
  2. 渓流・湖
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

プロフィール

ガッチャン

Author:ガッチャン
源流から本流、沖釣りまで広く浅く釣り歩いている基本ルアーマン。
登山、スキー、キャンプも回数は少ないですが出掛けています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
沖釣り (55)
日常 (128)
渓流・湖 (58)
サクラマス (41)
オフショアルアー (27)
車 (3)
スキー (23)
登山・トレッキング (40)
サーモン (10)
旅行 (7)
自転車 (1)
写真・カメラ・スマホ (2)
グルメ・食べ物ネタ (14)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR