FC2ブログ

癒しの釣りを楽しむ

ヒラマサ 大原港 松鶴丸 5月28日(木)




ヒラマサ 大原港松鶴丸 5月28日(木)




ヒラマサのバラシの原因を修正して出撃するも甘くはなかったです。

午前船に突撃予定が起きられず午後船に・・・(^^ゞ

午前船の帰港直後に大原港に到着。

船から降りる人達の表情は重く、クーラーは軽い様でした。

午前は全員ボウズだと聞き・・・あぁ~今日もダメかな・・・と複雑な心境に・・・(・_・;)

港への到着時間が遅れたので釣り座抽選には参加できませんでしたが、ラッキーな事に右舷大艫に入れました。





船は9名のアングラーを乗せて大原沖へ。

2投目3投目にルアーを追う魚影を確認、ヒラマサも追っていた。

4投目にヒット(^^)v

がしかしフッキング直後にジャンプ! なんとメーターオーバーのシイラ (^_^;)

良くジャンプして走り回りますがヒラマサタックルなので強引に寄せられます。

フライにすると美味しいのですが、大き過ぎなのでリリースしました。

久しぶりにシーラのファイトを楽しめましたよ (^^♪


沖に着いた時は、ここは中禅寺湖?と思える様なベタ凪でした。









その後は沈黙が続き、全く魚の気配を感じられず・・・船は南下して御宿沖へ。

暫くして源さんがやってくれました。6キロ弱のヒラマサをキャッチです。

春のヒラマサ狙いでは底をとらないのですが、ボトムタッチしてハタ君をキャッチ(^^)v

皆さんのテンションが上がりますが、また沈黙が続きます。












沖上がりの時間が気になり始めた頃に右舷の胴の間でライトタックルで釣っていたアングラーがヒラマサをキャッチ。

そして私もヒット・・・合わせを入れると魚がジャンプ、またしてもシーラです(>_<) なんで俺はシーラなんだ・・・

そして沈黙・・・・・・・・・・・・

ハイ、これが最後の流しになります。と船長の無情なアナウンスが・・・

静かに船が流れて帰港する時間が近づきます。





そして水深40mから20m前後に浅くなったところで、お立ち台のアングラーがトップで食わせました。

ヒラマサが走り回ってアングラーはお立ち台から大艫まで移動して、10キロ位のヒラマサをネットイン直前に痛恨のバラシ。

しかし、ここからがドラマの始まりでした。

船長がもう一度流します。これが本当に最後の流しですとアナウンス。






またしても水深40mから20m前後に浅くなったところでお立ち台に居たアングラーにヒット、続いて私の後ろ左舷大艫でヒット。

私の後ろのアングラーはファイト途中でフックアウトして残念。

お立ち台のアングラーはミヨシに下りてファイトしていましたが、バキッ[m:77]という音とともにロッドが折れました。

チョッとロッドを立てすぎている感じでしたがヒラマサも大きかったと思われます。

皆さんヒットするもバラシでヒラマサがあがりません。

船長がもう一度流します。これが最後の流しです。頼みますとアナウンス。






私は蚊帳の外かいな・・・でも諦めない気持ちで攻め続けます。

マサムネを遠投して底をとらずにリズミカルにしゃくり上げます。

中層までしゃくり上げた所でガツン! という衝撃とともにしゃくるロッドが止まりました (^^)v

間髪を入れずに強烈な鬼合わせを2発お見舞して、ヒット!と叫んでファイト体勢に入りました。

頭を振って逃げようとするヒラマサを感じながらガンガンラインを巻きあげると・・・

途中からヒラマサの反撃が始まり、ヒラマサが走る走る突っ走ること。

ドラグはそれなりに締めていますが、何度もジージージー~~~と数秒間悲鳴をあげ続けます。

ロットバッドを下腹に当てて耐えますが、水深は20メートルだよ20メートルと後ろから船長の声が聞こえました。

根まで走られたらラインブレイク確実なので、自分のラインシステムを信じてドラグを締めていきます。

そして今度はこちらの反撃を開始して、強引にラインを巻きあげます。

ヒラマサが根まで走ろうとする強烈な衝撃をロッドから感じながらジリジリと巻き上げる。

リーダーが見えたので上がるよ!と声を掛けると船長が網を入れてヒラマサとのファイトに勝利 (^^)v

5.4キロの食べ頃サイズの今シーズン初マサのキャッチ\(^o^)/

お立ち台でも長いファイトをしていましたが、最後は根まで走られてヒラマサの勝利でした。

20キロ以上は確実だと思います。

薄暗くなるまで最後の流しを3回も延長して船上はお祭り騒ぎでしたが、ヒラマサを釣り上げたのは私を含めて3名という厳しい釣りでした。

いやぁ~気持ち良いほどに突っ走るヒラマサとの引っ張りっこは止められません (^^♪



お立ち台で大物とのファイト






ヒラマサ最高に美味しいです\(^o^)/   
 手前がヒラマサの中落ち、奥がハタです。 今夜はワインで飲み過ぎる予定(笑)







タックル
ロッド・・・・・・・フィッシャーマン BG OCEAN
   ・・・・・・・スミス WGJ-S56SLH
リール・・・・・・シマノ ステラ SW8000HG
ライン・・・・・・・PE4号
リーダー・・・・・ナイロン60Lb
ルアー・・・・・・スミス マサムネ他



おまけ・・・勝手口に居た来客






朝日新聞は日本人を不幸にする[m:246][m:246][m:246]
スポンサーサイト



  1. 2015/05/29(金) 13:09:12|
  2. オフショアルアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

イサキ釣り 大原港 第一敷嶋丸 5月17日(日)





探見丸いすみ市大原港船釣り大会 大原港 第一敷嶋丸 5月17日(日)




釣り友の極楽トンボさん、N氏、J氏は大会にエントリー、私はエントリーせずに参加です。

3時には大原港に着いたのに港は車で溢れていました。400名以上の参加があった様です。

釣り座はお立ち台(船の先端)の左舷、大会にエントリーせずに実家の船では釣り座は選べませんね(^_^;)





天気は薄曇りと言うか薄ら霧が掛かった状態で、海は多少の波とウネリがありました。

場所は岩舟沖かな・・・大会に参加しないでイサキ釣りに出ていた2号船に呼ばれて同じ場所を流します。

釣りスタートしますが反応無し・・・大会なので一番先に釣った人に商品が出ますが蚊帳の外。





同じお立ち台で釣っている常連さんが釣れねぇ~とか、もう帰ろうとか騒いでました(笑)

大会に参加している船もばらけているので特別釣れている場所も無さそう。

コマセ釣りは同じ船に乗っていても釣り座で釣果が大きく変わってしまいます。

今回は潮が速く自分が撒いたコマセが直ぐに艫(船の後方)へと流されていった様な・・・

一番釣れていたのが、右舷の胴の間から艫でした。













と言うことで今回もイサキツ抜けならずで、竿頭の十分の一と言う貧果に終わりました(笑)

イサキは釣れなかった方にお裾分けしましたが、実家に寄ったら2号船熱血指導船長からのお裾分けをいただきました。

と言うことで酒の肴はイサキ (^^♪

イサキは美味しいなぁ~コマセ振り修行にならなければ、また釣りに行きたいと思うくらい美味しい。

美味しいお酒を飲みました (^^)v








7月25日土曜日午後船でビアクルーズ予定しています。

沖でビールを飲みながら好き勝手な釣りをするゆるい企画です。

参加検討宜しく。





朝日新聞は嘘つき新聞 (-_-;)
  1. 2015/05/18(月) 15:07:53|
  2. 沖釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

サクラマス 利根大堰 埼玉県北部漁協エリア 5月11日(月)




サクラマス 5月11日(月) 利根大堰 埼玉県北部漁協エリア



首都高速の朝の混雑が解消した時間帯に快調に飛ばして成田から1時間40分で利根大堰へ

大堰に近い場所には駐車スペースがあるが、釣り場は満員御礼で空きがありません。

下流へ川沿いの道を車の両サイドから草木でキーキーと擦る音を聞きながら走ります(>_<)



スカイツリーと富士山が見えたので撮りましたが…富士山が微かに映る程度でした。





準備して川に下りた途端に粘土質の泥で滑ってすっころびました (^^ゞ

ロッドを折らなくて良かったですが、出足からこれでは結果は見えた気がしました・・・

阪東桜太郎さんと再会して釣り始めると結構な良い雰囲気で魚っ気を感じます。

相変わらずゴミだらけの川ですが・・・




悶絶タイムに突入する前にヒットです・・・ん~が何か違う?

ハイ、ニゴイ君が遊んでくれました(^^ゞ

また暫くしてヒットです・・・今度は人生初となるバスを釣ってしまった(^_^;)

無意識にリリースしたが、ひょっとしてリリース禁止なのかな・・・












ここで阪東桜太郎さんと釣り場を入れ替わりました。

翡翠さんがサクラマスをキャッチした場所だそうなので集中して釣りますが・・・

阪東桜太郎さんがヒット!本命をキャッチでした。おめでとうございます。

私も集中して釣り続けますんが、スプーンが気持良く泳いで独りで帰って来ます(笑)





集中して釣っていると、ガサガサと後ろを釣り師が無言で通り過ぎ、阪東桜太郎さんと私の間に割り込みました。

その釣り師がキャストした場所は、私のルアーがターンするヒットポイント。

挨拶も無く割り込んで人のヒットポイントへキャストするとは良い度胸してるじゃねえかよ (-_-メ)

写真を撮って晒そうか思いましたよ・・・

割り込んだために阪東桜太郎さんと祭りました。阪東桜太郎さんに川に沈めたろうか・・・とか言われたのか、その後は逃げて行きました(笑)

私と祭ったら完全にぶち切れていたろうな・・・

マナーは守りましょう (^^♪



夕方まで立ち込む姿はドМそのもの・・・






夕方6時まで結構集中して釣ったので疲れました・・・技術的にも集中力も限界です。

これはサクラだと思うアタリが1度だけありましたが、ゴン!っと当っただけでフッキングしませんでした。グヤシイ
結果、ボ・・・何時ものことですが・・・ (^^ゞ


次はイサキ釣り大会。時間があればヒラマサも・・・二兎どころが三兎も四兎も追ってますから当分サクラマスは釣れそうにないですね。


朝日新聞は日本の子供たちを不幸にする(-_-メ)(-_-メ)(-_-メ)
  1. 2015/05/12(火) 18:17:47|
  2. サクラマス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

イサキ釣り 大原港 敷嶋丸 5月10日(日)




イサキ釣り 5月10日(日) 大原港 敷嶋丸








イサキを食べたいので、大会の練習を兼ねて出撃しました。

酒の肴にイサキの刺身を想像してニンマリしながら出港・・・場所は岩舟沖から御宿沖

久しぶりのイサキ釣りにウキウキして仕掛けを投入・・・?

イサキ釣りってこんなんだっけかな・・・アタリ無し (>_<)

何時もは仕掛けを投入するとゴツゴツとアタリを感じたと記憶してましたが・・・





時々小さいアタリがあっても針掛かりせず・・・
針掛かりしても巻き上げ途中でバレてしまう・・・

身切れするので必要以上に合わせは入れなかったが・・・

たまぁ~に竿が曲がると平べったい魚の感触・・・ウマズラハギ

結果、イサキよりウマズラを多く釣り、まさかのツ抜けならず・・・ (^_^;)

最近は魚運が無いのか・・・同船者に運を吸い取られている気がする(笑)


カワハギの下にイサキが・・・(爆)


良い海で癒されました・・・




帰港するとトローリングで出ていた2号船が帰港、ヒラマサ10数本、ワラサも10本位釣ったとか・・・

ヒラマサが釣れている時に、何をしているんだろう俺は・・・(笑)

本業のヒラマサ戦線に復帰したいのだが、イサキ釣り大会、サクラマス遠征、登山トレーニングと予定があり、ヒラマサフィーバーが落ち着いた頃に出撃してボを喰らうパターンになりそう (^_^;)


次は・・・明日サクラマス。



朝日新聞は嘘つき新聞 (-_-メ)
  1. 2015/05/12(火) 18:07:30|
  2. 沖釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

フグ 4月30日 ☆ 青物ジギングと一つテンヤ真鯛のリレー 5月3日




1) ショウサイフグ 大原港 敷嶋丸 4月30日(木) 




ポン太さんからの誘いに乗り、今シーズン最後のフグ釣りへ行ってきました。

今シーズンは厳しい状況が続いていますが、食べるには20~30釣れれば十分です。

が、しかし結果は二人合わせてやっとツ抜け (^_^;)

船中7~20と甘くはなかった。無効記録となった私の釣果は聞かないでください(笑)

ちなみに竿頭と次頭はミヨシの両舷で、我々は胴の間の艫寄りでした。釣り座も良くなかったのか・・・言い訳です(^^ゞ




このところは暖かくなり、沖でフグ釣りして癒されようとルンルン気分で出掛けましたが・・・

海は波が高くウネリもあり釣り難かったです。

おまけに釣っている間は殆ど雨に降られる始末でして・・・(T_T)












<photo src="v2:2152036383:l">




大反省・・・

ポイントは大原沖で大きいフグが釣れますが、水深が40m位あり小型両軸リールでは難儀です。

チョッと積極的にボトムを攻めて・・・と言えば格好良いですが、潮の流れで浮き上がった仕掛けが着底するまでラインを送り出す。

そしてラインを出し過ぎたのかお祭りを連発して、気づいたら一番のお祭り男になっていました (^_^;)

ポン太さん、何度も祭って済みませんでした <m(__)m>




正直、今回の釣行でフグ釣りの自信が崩壊しました(笑) またゼロから出直します(^^♪

来シーズンは今年の10月1日に解禁なので、解禁直後に出撃する予定です。




次はイサキか利根川のトラウトかな・・・



朝日新聞は捏造新聞です(-_-メ)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



2) 一つテンヤ真鯛 大原港 義之丸 5月3日(日)



たかっちさんに誘っていただき、たかっちさんの友人K氏と3名で一つテンヤ真鯛で出撃しました。

午後船なので3名で仕立て状態でやりたい放題です (^^♪

先ずはルアーで青物狙を狙いますが、そう簡単には釣れません・・・何時ものことですが (^^ゞ

久しぶりのジギングで腕の筋肉に乳酸が溜まります・・・・・

いてぇ~・・・親指攣りました(>_<) ドМなのでそのまま釣り続けます (^_^;)








春はヒラマサが浮いていることが多いので、中層を中心に水面まで丁寧にしゃくり上げますが・・・

長い沈黙の後にたかっちさんがヒット[m:74]、いい感じでファイトを楽しんでいました。

上がって来たのは食べ頃サイズのワラサです。その後すぐに2本目をキャッチ!

いやぁ~流石ですね (^^)v

ヒットしたのはボトムから数メートルだったとか・・・

即行ボトム狙いに変更するとヒット (^^♪

しかし巻き上げ途中で軽くなりました (゜o゜)

また直ぐにヒット! 今度は確実にフッキングしてファイトを楽しみます (^^♪~

強烈なファイトはヒラマサでした。水面近くまで上げて来るとボディーラインとテールの黄色が鮮やかでした。

がしかしネットイン直前に痛恨のバラシ・・・いやぁ~悔しいのなんの (>_<) クソォ~クヤシイ 

それ以降もボトム攻撃を仕掛けましたが一度アタリがあったのみでフッキングできませんでした。








後半は一つテンヤ真鯛。

潮が良いと本命と外道ともにアタリが多いのですが、青物の反応といい余り活性は高くない様です。

少ないアタリを拾っていくと釣れてくるのはペラ、フグ、ウマズラ・・・

ラインが横へ流れた時のアタリを合わせると本命の真鯛をキャッチ!

小形ですが何とか真鯛が釣れました。










今回は青物とのリレー釣りで楽しかったです。

久しぶりにビアクルーズでもやりたくなりました (^^♪

今回は沖でクーラーに海水を入れるのを忘れてそのまま持ち帰りました。

勿論クーラーには氷が入っています。

翌日(4日)に刺身で食べるとワラサの美味しいこと美味しいこと[m:74] ワラサ独特の臭みが無く甘味が強く最高です、マジビックリ。

次回から美味しい魚を食べるために色々と試したいと思います。








今日は利根大堰にプチ遠征予定でしたが野暮用で断念。

次はヒラマサかイサキかトラウトか・・・




朝日新聞は日本の子供たちを不幸にする (-_-メ)
  1. 2015/05/04(月) 16:35:27|
  2. 沖釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

プロフィール

ガッチャン

Author:ガッチャン
源流から本流、沖釣りまで広く浅く釣り歩いている基本ルアーマン。
登山、スキー、キャンプも回数は少ないですが出掛けています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
沖釣り (55)
日常 (128)
渓流・湖 (58)
サクラマス (41)
オフショアルアー (27)
車 (3)
スキー (23)
登山・トレッキング (40)
サーモン (11)
旅行 (7)
自転車 (1)
写真・カメラ・スマホ (2)
グルメ・食べ物ネタ (14)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR