FC2ブログ

癒しの釣りを楽しむ

美味しい頂き物

新潟からお届け物がありました (^^♪
 
中身は採りたてのナメコ、ヒラタケやムカゴです。つぶやきさん有難う御座います<m(__)m>

 

 

 
 
 
美味しかったです。天然の茸は香りも食感も断然良いですね。
 
最近はネットに山の情報が洩れて採る人が多い様ですが、今シーズン最後の収穫をいただきました。
 
美味しい新潟のナメコには新潟の酒でしょう(笑)
 
 

 

こちらも飲んじゃいました(爆)

 

 

 
 
 
 
暇です・・・(笑)
 
暇になったら遊びまわる予定でしたが、膝を痛めてしまいました。
 
スキーシーズンに備えてマシーントレーニングの負荷を上げていったので関節に炎症がおきたのか・・・
 
レッグプレス80~100kgって大したことはないと思うけれど・・・
 
マッサージで膝の裏を強く押された時の痛みが強かったのが原因か・・・
 
四十肩と膝の故障でジムでのトレーニングはドクターストップとなりました (^_^;)
 
 
 
 
来シーズンの登山を考えると今シーズンのスキーは無理できません。
 
暫くは休養が必要ですね・・・暇過ぎて毎日が休養なんですが (^^ゞ
 
来週は島流しになるので釣りを企みましたが無理かな・・・
 
膝が完治したら丹沢や筑波山でトレーニングでも始めましょうかね。
 
スポンサーサイト



  1. 2013/11/30(土) 09:59:09|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

サーモンフィッシング 新潟県村上市 荒川

 
 
 
11月18日19日の予定だったサーモンフィッシング、前泊して飲もうと言う誘いにハイハイと即乗りして17日の日曜日昼前に成田を出発。
 
日曜日で関越道が混んでいるのか、ナビが東北道を選択したので赤城SAの舞茸ウドンを食べられず。
 
途中たかっちさんからメールで頂いた情報で聖籠観音の湯ざぶーんで立ち寄り湯しました。
 
日本海東北自動車道の聖籠新発田ICからも近いのでお勧めです。
 

新潟遠征でも首都高速を走ります。南関東は良い天気。


写真を沢山撮ってデジブックを作る予定が、村上方面の悪天候でデジイチの出番無し。
 
 
 
予定どおり午後6時頃に坂町のいづみや旅館にチェックイン。
 
今回はたかっちさんの友人M氏と三人でのサーモンフィッシングです。
 
一休みしてから三人で近所の割烹いそべへ。
 
割烹いそべの大将も鮭とサクラマス釣りをする地元の釣り師です。
 
他では味わえない本マグロの脳天・頬肉・カマトロをいただきました。
 
いづみや旅館に戻ってからも焼酎を飲んでしまいチョッと飲み過ぎ (^^ゞ
 

 

 

 

 

 

 
いづみや旅館→ http://www.izumiya3.com/blog/
割烹いそべ→ http://moe1204.blog55.fc2.com/
 
 
 
 

11月18日 月曜日
 
翌朝は暗い内から激しい雨音で目が覚めましたが、早朝から釣りをやる気も無く二度寝 (^^ゞ
 
しっかり旅館で朝御飯を食べてから準備を始めます。
 
我々が出掛けるタイミングで雨は小降りになり、普段の行いの良さが証明されました (^o^)
 
漁協へ行き誓約書を提出、ゼッケンを借用して3番ポイントへ。
 
解禁されている範囲は両岸の総延長距離で10キロ以上あるのですが、釣れるポイントには釣り師が集中するので入れない所もあります。
 
私は上流の3番で様子をみてから下流へ移動するつもりでしたが、M氏が1本キャッチしてアタリもあると言うので午前中は粘りました。
 
しかしノーバイト・・・実力の差ですね(涙)
 
天気は回復してきましたが、釣りの雲行きが怪しくなるのを感じて昼飯へ。
 
 
 
 
今回はたかっちさんお勧めの「麺の力こぶ」の麺こぶタンタン麺。
 
12時を過ぎると駐車場が満車で、皆さん隣のコンビニ駐車場へ。
 
辛いのが苦手なので大汗を掻きながら美味しく頂きました (^_^;)
 

 

 
 
 
 
私は午後から13番へ。
 
釣り師が川から上がって片づけていますが、他に釣り師を見掛けないので釣れないのか・・・
 
でも空いている場所がいいですね、ロケーションと雰囲気が良ければ釣れなくても満足できます。
 
偶然会った割烹いそべの大将からポイントについてレクチャーしていただき川に入りました。
 
他に釣り師が居ないので、川に入り釣り下ります。
 
70~80m下った辺りでスプーンが止まったたのでフッキング・・・動かず根掛かり???
 
竿を立ててみるとグッグッグッ・・・と生命反応があるじゃないですか(^^)v
 
誰も居ない河原でフィッシュ!と大声を上げ鬼合わせを入れてファイト態勢へ。
 
重いぃ~サーモンの重量感あるファイトは楽しい楽しい(^^♪
 
瀬に上がってくるとバシャバシャと水面を割ります。良いね良いねこの感じは(笑)
 
寄せようとすると抵抗するサーモン、ジリジリと音をたててドラグが滑ります。
 
ドラグを締め込みますがラインが出て行くじゃぁ~あ~りませんか?
 
何とスプールの中でライン全体が滑っていました(滝汗)
 
しっかりテンション掛けてラインを巻いているのですが・・・
 
ドラグを緩めてファイトしたのでなかなか寄ってきません。
 
ファイトが楽しいので時間が掛かるのは良いのですがバラス心配があるのでチョッとひやひやです (^_^;)
 
2分位のファイトでようやく岸へズリ上げてキャッチ\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
 
80cm 5kg (ウェイトは未計量)の雄でした。
 
ブツ持ち写真が欲しかったのに誰も居ないので撮れませんでした(涙)
 

 

 
 
いそべの大将があの辺りが良いと言っていた場所でのヒットでした。
 
サクラマスのキャッチもいづみや旅館のご主人のアドバイスで移動した直後のキャッチでしたから・・・
 
地元釣り師のアドバイスは凄く有効だと改めて感じました。
 
その後は魚は居ると思うのですがノーバイト。
 
釣りができる時間が4時までなので3時半には川から上がり漁協へゼッケンを返しに行きます。
 
 
 

二日目の夜の部もいづみや旅館のご主人含めて深夜まで盛り上がりましたが、私は前日に飲み過ぎてチョッとセーブしました (^_^;)
 
諭吉1人では買えない笹屋茂左衛門や44度の爆弾ハナタレを味わい酔っ払いでした (@_@;)
 
御主人自ら撃ち落とした鴨は美味しかった (*^_^*)
 

 

 

 

チョッと贅沢な親子丼↓いづみや特性のイクラは絶品でした。

 
 
 
 
 
11月19日火曜日
 
三日目も早朝から釣りへ行く気にはなれず。旅館で朝食を食べてからの出撃。
 
左岸の堤防道路を上流へ走ると3番ポイントでたかっちさんとM氏が立ち込んでいます。
 
堰の橋を渡り右岸へ行こうと思い上流へ走ると・・・なんと人気の2番に餌釣り師1人しか入っていません。
 
即行Uターンして2番ポイントへ。
 
挨拶をして上に入れていただき投げるも反応無し・・・ですが餌釣り師の竿が大きく曲がっています。
 
餌釣り師が写真を撮ってからキープしていると、下流側からハイエナの様にこそこそと他の餌釣り師がポイントを狙っています。
 
人が釣ってキープしている間にポイントに入ってしまうのはマナー以前の問題ですね(パンチ)(-_-メ)
 
こういう釣り師が近くに居るのも嫌なので、一気に人気のない13番へ移動しました。
 

荒川の堤防から鳥海山方面↓

分かり難いですがフロントガラスにアラレが打ちつけています↓

 

 

 

 
 
 
 
13番は10時までは入れないので15分ほど待ってたかっちさん達と合流してからポイントへ。
 
ルアーに餌を付けていた釣り師は2本ゲットしていましたが、我々はノーヒット。
 
11時半には終了して漁協へゼッケンを返却。
 
我々がゼッケンを返却した途端に雨アラレ雷の凄い天気になりビックリです。
 

 

 
 
 
 
午後は村上市の喜っ川へ行く予定だったので、以前地元のブロ友さんが紹介していたラーメン屋へ。
 
仕事中のいそのかつおさんに電話して聞いてしまいました (^^ゞ
 
お陰様で小太喜屋の美味しいラーメンに出会えて感激です。
 
しつこくない煮干し出汁醤油スープが絡む細麺。チャーシューも3種類入ってとろけるチャーシューは最高でした。
 
店内を見ても、作り方を見ても、ラーメンを食べても拘りを感じます
 
いゃ~美味しかったです (*^_^*)

 

 

 
 
 
その後は喜っ川へ・・・はらこの醤油漬をお買い上げです(^^)v
http://www.murakamisake.com/
 
更に大洋酒造へ・・・たかっちさんから大吟醸をお土産で頂いてしまいました。
http://www.taiyo-sake.co.jp/
 

 

 

 
 
 
いづみや旅館に寄り報告をしてから成田へ向けて5時間のフライトです。
 
越後の山々は雪化粧していましたね・・・初すべりが待ち遠しいです (^^♪
 
今回は大泉の事故渋滞で5時間40分。
 
長距離ドライブも楽しみの一つなので帰宅して今年のサーモンフィッシング遠征が終了。
 
釣りをやったのか?と言われそうですが・・・1本釣れば十分です (^^)v
 
実釣時間よりも飲んでいた時間が多かったなんてことはありませんので (笑) (^^ゞ
 
走行距離 1056km
  1. 2013/11/21(木) 09:18:01|
  2. サーモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

フグ撃沈 (^^ゞ

14日はフグ釣りでしたが、見事に撃沈しました (^^ゞ
 
ネットの釣友と実家の敷嶋丸へ。
 
天気も海も良かったですが、底荒れしていた様で数が伸びませんでした。
 
というかツ抜けできませんでした (^_^;)
 
釣座が良くなかったとか言い訳はしませんが・・・ ← 言い訳していますね (^^ゞ
 
朝の冷え込みは厳しかったですが、陽が昇ると気温上昇してポカポカ陽気に。
 
フグのアタリが少なくまったりして居眠りの連発。
 
何度かロッドを海に落としそうになりました (^_^;)
 
年内には何度かフグ釣行を予定しているので、その内に爆釣するでしょう・・・多分。
 
 

 

 

さて次はサーモン遠征で新潟へ行きます。
 
サーモンを釣りに行くのか、酒を飲みに行くのかはっきりしませんが (^^ゞ
 
それに体調は最悪+四十肩+左膝痛で酒飲み遠征に耐えられるか不安です (^。^)y-.。o○
 
行に湯沢で温泉に浸かっていきましょうかね。
 
 
 
サーモンに使用する訳ではありませんが、こんな物を調達しました。
 

 
皆さんは魚をキープしたら、どうやって絞めて持ち帰りますか。
 
長い間鮮度を保ち生臭さを防ぐには血抜きが一番だと考え、釣った直後に鰓の動脈を切断して大量出血絞めをやっていましたが・・・
 
しかしこの方法では苦悶死に至るまで暴れたりストレスを掛けて、旨味成分に変わるATP( アデノシン3リン酸 )が失われるようです。
 
旨味成分のイノシン酸を多くするためにも即絞めがベストだとか。
 
https://www.youtube.com/watch?v=NdZBzSknv7g
 
 
魚は死後硬直が終わる頃から肉の劣化かが始まり3日目くらいが美味しいですね。
 
要するに腐敗途中が美味しいのですが・・・食感がいまいちです。
 
プリプリ感の好きな方にはお勧めできません。
 
釣った直後(活魚)→絞める→死後硬直(生鮮魚)→硬直終了(鮮魚)→腐敗
 
神経絞めは死後硬直を遅らせて鮮度を長時間保つためのものですから、私の様に釣ってその日の内に刺身で食べてしまうなら必要ないですね。
 
実際に帰宅してから魚をまな板の上に載せた時には死後硬直状態なので、刺身以上に鮮度が求められるあらいでも食べられると言うことなのです。
 
この時ばかりは海の近くに住んでいて良かったと思い鱒よ \(^o^)/
 
ということで神経絞めは必要なかったのですが、一度試しにと思い調達してみました。お裾分けの発送時には役立つのではないかと思い鱒 (^_-)
  1. 2013/11/15(金) 16:47:08|
  2. 沖釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

病気再発 11月9日

 
 
 
 
数年前の真鯛デビューではツ抜けプラス鰆まで釣ってしまい華々しいデビューでしたが、その後はパッとせずに熱が冷めていました。
 
しかし一度感染したAマダイ型ヒトツテンヤウィルスが2年の潜伏期間の後に再び発病 (^^ゞ
 
野暮用で実家へ帰った時に真鯛の出船予定を知り参戦となりました。
 
今回は鬼合わせのNさんと整備不良リール持参のヘイさんにも参加していただきました。
 
 
 

最初は4名の乗船予定でしたが、リピーター率がゼロに近い特訓船に10名以上乗るとか・・・
 
冗談かと思いましたが出船直前にバタバタと乗り込んできました (^_^;)
 
釣り座は左舷艫から2番目にNさん、私、ヘイさんの順で入り、片舷8名プラス仲乗り(従兄)。
 
準備をしているとヘイさんが隣に入った釣りガールから、真鯛は沢山釣れますか?と声を掛けられて返事に困っていました(笑)
 
そのヘイさん、セットしたリールが壊れています。も~壊れたリールを持ってこないでください (^_^;)
 
 
 
 

出船すると結構な波と風があり、釣りガール3名の内2名がダウン。
 
 
船酔いしていると地獄でしょうが、シーアンカーを入れてエンジンを停止させて船を流すのは、波と風の音だけで気持ちが良いですね。
 
釣り場は一週間前に真鯛を30枚以上釣った場所へ・・・しかし柳の下に2匹目のドジョウは居ませんでした。
 
船が良いポイントを通過するとバタバタと船中で何枚か上がります。
 
私も最初の流しで1キロ欠けサイズをゲットしてボ回避です (^^)v
 
 
 
 

6号の一つテンヤを落として底を取り1~3m位のタナでアタリを待ちます。
 
真鯛はゆっくりフォールしてくる餌にバイトするので、時々ゆっくり大きくしゃくって誘いを入れたりします。
 
アタリはモゾモゾ、コツコツ色々あって、どんな魚が餌にアタックしているのが想像するのも楽しいですよ。
 

 

 

 

 

 
 
 
艫側に入ったN氏の合わせが凄い。バシッ!と言う音に最初は何が起きたのかと思いました (^_^;)
 
使用している最新のロッド リーディング テンヤゲームの感度が良いのかバシッ!と鋭い鬼合わせは凄かった。
 
それに釣りを始めて2年で○00万円も投資しているだけあって道具が凄いです (@_@;)
 
その内にN氏をドМな釣りにも引き込もうかと思い鱒(笑)
 
 
 
 

潮回しとポイント移動でも状況は変わらず渋い状況でした。
 
大きいアカメを釣ったヘイさんが万歳していましたが・・・それ外道です(笑)
 
ヘイさん頑張って他にもタコや船の無線アンテナなどを釣ってました (^_^;)
 
でもしっかり本命も釣るヘイさん真鯛をゲット。しかしその後に熱血指導を受けていましたが・・・
 
それを見た私は透かさずヘイさんと同じカラーのテンヤにチェンジして即真鯛を釣りました (^^)v
 
テンヤのカラーは大事なんですよ (^_-)
 
 
 
 
 
結果、真鯛1kg~700g(未計量)サイズ3枚、ハナダイ1枚、2バラシ、1リリースで外道はショウサイフグでした。
 
2~3キロの食べ頃サイズを3枚釣る予定でしたが、鯛飯サイズに終わってしまいチョッとストレスを溜めた感じです。
 
大きさは選べませんからね・・・
 
小気味よい真鯛のファイトをゲーム性の高い一つテンヤで釣るのは楽しいです。
 
次は木曜日にフグ釣りです。
 

 

 

 
 
今回の釣果は形が小さいので全て自宅消費です。
 
帰宅後早速に外房天然真鯛の刺身で酔っ払いとなりました・・・・・いゃ~釣りって楽しくて美味しいですね(^^♪
 
 

タックル
ロッド ダイワ リーディングXL SP GAME 230
リール ダイワ セルテート2508RH
ライン PE0.8号 
リーダー フロロ16LB
テンヤ 蛍光6号、ゴールド6号
  1. 2013/11/10(日) 11:05:58|
  2. 沖釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

プロフィール

ガッチャン

Author:ガッチャン
源流から本流、沖釣りまで広く浅く釣り歩いている基本ルアーマン。
登山、スキー、キャンプも回数は少ないですが出掛けています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
沖釣り (55)
日常 (128)
渓流・湖 (58)
サクラマス (41)
オフショアルアー (27)
車 (3)
スキー (23)
登山・トレッキング (39)
サーモン (10)
旅行 (7)
自転車 (1)
写真・カメラ・スマホ (2)
グルメ・食べ物ネタ (14)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR