FC2ブログ

癒しの釣りを楽しむ

ヒラマサ撃沈 (^^ゞ

台風時化前の荒食いを期待してヒラマサ釣行を予定したのですが、思ったよりウネリが大きく船が出ませんでした。
 
ならば時化後の爆釣を狙って今日(29日)辺りが良いかと考えて出撃。
 
前日に釣れていることを確認してから松鶴丸へ予約を入れましたが・・・
 
考えることは皆さん同じ様で、港へ着くと船は満員一歩手前・・・火曜日なのに(>_<)
 
良い釣り座へは入れず胴ど真ん中へ・・・釣れる気がしない(笑)
 
 
 
 
岩舟沖で流し始めて直ぐにバタバタと5本上がりましたが私は蚊帳の外 (^_^;)
 
と言うか大艫から2人目までしか当たっていないし。
 
何度か潮回しするとまたしても大艫で釣れる。艫からポイントへ入るバターン。
 
大艫以外では昔からの常連K氏がお立ち台で一本釣っている。流石だ (^^)v
 
肩の痛みを我慢してキャストするもアタリ無く自然にバーチカルな釣りに・・・
 
 
 
 

釣れているのは殆どがボトム付近なので海底から10mまでをシャクリ続ける修行が続く・・・
 
秋のパターンは難しい (^^ゞ
 
後半は雨が本降りとなり長年使っているゴアのウェアーは湿気だけではなく雨をも良く透す。
 
肩と股付近が冷たくなり心が折れそうでした (T_T)
 
何でフッキングしないの?と思う様なアタリが2回ありましたが・・・
 
掛けられなかったのは自分の腕が悪いのです (^_^;)
 
最後までシャクリ続けたが撃沈してしまいました。
 
 
 
 
やはり四十肩を何とかせにぁあかんと思い帰宅後に整形外科へ・・・
 
医師によると、「歳肩です。治療は必要ない程度です。3カ月後に痛みがあれば来てください」だそうです。
 
暫くは我慢ですかね・・・
 
 
 
 
次はフグかヒラマサか登山か・・・暇人になりました (^^ゞ
 
そうそう釣りビジョンが取材したフグ釣りは11月14日に放送されるそうです。
 
http://www.fishing-v.jp/program/program_data.php?p=314&pcd=0407070
 
多分私も一瞬は映っているかと・・・。
 
帰りに実家に寄ってきましたがフグは良形と中形半々で頭が50くらいでした。
スポンサーサイト



  1. 2013/10/31(木) 10:18:55|
  2. オフショアルアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

外房大原港 解禁後のフグ釣り (山と海連荘その2)

 
 
 
外房大原港 解禁後の初フグ釣り 10月9日水曜日
 
 
前日の那須紅葉登山の疲れが残り早起きできるか不安でしたが、何とか乗船時間に間に合いました (^_^;)
 
港に着くと釣りビジョンの取材ということで、カメラ1台にスタッフ5名で撮影していました。
 
釣り座は前夜から大原入りしたポン太お姉さんに確保していただきましたが既に艫から胴は確保されていたとのことで右舷ミヨシになりました。
 
解禁後は良形のフグが50位釣れていましたが、この日は日本海側を台風が通過するに伴い風とウネリがあります (>_<)
 

今回はデジカメを忘れてスマホでの撮影です。

 
 
大原沖で釣りスタートしますが・・・アタリ無し (T_T)
 
覚悟はしていましたが、昨日までは好調だったたけにショックです。
 
船は左舷後方へ流れていきます。我々は右舷ミヨシなので一番条件が悪い (涙)
 
ただでさえ底荒れしてフグの活性悪いのに、拾い釣りの釣り残しを拾う状況です。
 
でも最初の頃はアタリを取ろうと必死に竿先に集中力しますが・・・
 
釣りビジョンの撮影で女の子がキャーキャー言うと集中が途切れます。
 
修行が足りません (^_^;)
 

 

 

 

それでも竿先の微細なアタリに反応して良形のフグを掛けました (^^)v
 
ポン太お姉さんと同じ様なペースで釣っていきます。
 
前日の疲れが残っているので、アタリが遠のくと眠気に襲われ立ったまま寝ていました。
 
海に落ちなくて良かったです (^_^;)
 

 

 
 
後半は何度か良い状況もありアタリで釣るフグ釣りを楽しめました。
 
底荒れしてカジメが底に散乱して、錘がカジメに触るとアタリと勘違いして合わせてしまいます。
 
ポン太お姉さんカジメが大漁でした (^_^;)
 
しっかりボトムトレースするとガンゾウビラメが3ヒットしました \(^o^)/
 
 
 

釣れないと半日が長く感じます。11時半に沖上がり。
 
結果、フグ14匹、ガンゾウビラメ3匹。
 
でもフグの形は良いので刺身には最高です (^^♪
 
釣りビジョンの撮影もなんとか上手くいったようで、編集すれば爆釣している様に見えるとか・・・
 
釣りガールも可愛いかったですが、シャイなガッチャンは一緒に写真なんて撮れません(笑)
 

 

 

 

さて次はフグかヒラマサか登山か・・・
  1. 2013/10/11(金) 11:29:36|
  2. 沖釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

那須紅葉登山 (山と海連荘その1)

 
 
 
那須 茶臼岳 紅葉登山 10月8日火曜日
 
 
 
昨年から登り始めた茶臼岳の紅葉登山へ行ってきました。
 
今年の紅葉は例年より1週間程度早く、先週末がピークだった様です。

毎度のことではありますが、2時45分起床して3時出発予定が4時出発に・・・(汗)
 
7時には峠の茶屋駐車場に到着しましたが、昨年の路駐場所までも既に満車。
 
急いでロープーウェイ山麓駅駐車場まで下りギリギリで駐車できました。
 
 
 
 
 
準備して出発。ロープーウェイ山麓駅で運転開始を待つ長蛇の列を横目に峠の茶屋登山口へ向かいます。
 
登りくらいは自分の足で歩かないと素晴らしい紅葉の感激が薄れるというものです。
 
とは言ってみたものの登山口までに息切れして休憩する始末です(笑)
 
峠の茶屋駐車場登山口から登山道へ。
 

 

 

 

登り始めると朝日岳の南斜面の紅葉が視界に入ります。後方の那須町は雲海の下。
 
微かに靄っているので、朝日岳が近づくにつれて紅葉が鮮やかに見えてきます。
 
紅葉の時期とあって大型の三脚を担いで登るカメラマンが目立ちました。
 
ビューポイントではカメラを構えますが、曇りがちで紅葉している範囲にすべて日が当たることはなかなかありません。
 

 

 

 

1時間チョッとで峠の茶屋避難小屋に到着。噴煙昇る茶臼岳と紅葉の朝日岳を眺めながら休憩。
 
茶臼岳山頂を目指して登って行くと硫黄の臭いがあり、地面から硫黄蒸気がふきだしています。
 
火口跡の外周を歩き山頂神社(標高1,915m)で参拝。
 
ここまで来ると観光客が多く山頂に留まることはできません。写真を撮って直ぐに移動。
 
山頂の標識にも観光客が群れてとても近づけません。
 
早々に牛ヶ首へ向けて下山します。

 

 

 

 

 

 
 
牛ヶ首が見えてくると日の出平の東側斜面の紅葉が鮮やかです。
 
ランチは姥ヶ平の予定なので牛ヶ首から一気に下ります。
 
12時5分、姥ヶ平到着。
 
先ずはビールで喉を潤します\(^o^)/
 
まだ登山用にフライパンを持っていないので、今回はカップめんとおにぎりです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
姥ヶ平から紅葉を眺めながらまったりとランチタイムは至福の時です。
 
一時間ほどゆっくりしてから茶臼岳と紅葉をバックに記念撮影。
 
カメラマンが横一線に並び撮影しているなかを更に前へ出てスマホで撮影するマナー無しオヤジが居ました。
 
また色付いた木々の中で記念写真を撮ろうと、自然林の中へ入る人・・・さすがにこれには、中に入るな!と何処からともなく声が飛びました。
 
良いアングルで撮影できると思いカメラを構えると、登山道から外れてとんでもない場所で昼飯を食べている人も・・・
 
本当にマナーの悪さにはがっかりです。
 

 
帰りは峠の茶屋避難小屋経由で下山予定でしたが、ロープーウェイでの下山に変更 (^^ゞ
 
ロープーウェイも臨時便増発で並ばずに乗れました。
 
しかし那須ロープーウェイの東野交通(株)の係員にはがっかりです。発券窓口では千円以上の支払いなので1万円札を出したら「細かいのないですか」と言われました。普通は「申し訳御座いません。千円札が有りましたらお願いしたいのですが」と言うべきところでしょう。
 
更にですよ。ロープーウェイに乗りドアを閉めて発車を見送る係員が、なんとポケットに手を入れたままでした。これにはビックリ。車内にも乗務員が居たので、わざと聞こえる様に、「なんだ、あの係員は、ポケットに手を入れたままでお客様を見送るとは、ふざけた態度だな。発車の時に深々とお辞儀してお客様を見送るかぐらゴンドラで研修してこいや」と思わず言ってしまった (^_^;)
 
下山後は那須温泉に1時間たっぷり浸かり、マッサージでケアして帰宅の途へ。
 
午後10時帰宅でした。
 
デジブックはこちら↓フルスクリーンでご覧ください。
http://www.digibook.net/d/0684afff911820b86ea51a53d863a739/?viewerMode=fullWindow&isAlreadyLimitAlert=true

山旅ロガーが起動せず前回の日光白根山と今回はデーター取れませんでした。
 
  1. 2013/10/11(金) 10:57:40|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

解禁最終日は最高でした。

 
 
日光白根山 9月30日(月曜日)
 
 
9月いっぱいで大方の渓流は禁漁になりました。
 
その解禁の最終日に何故か日光白根山へ。
 
渓流釣りへ行きたくない訳ではないですが、色々な事情で急遽トレッキングを選択 (^^ゞ
 
前日の29日の夜に天気予報をチェックすると関東南部は曇り、日光の天気は晴れで午後3時頃から曇り・・・
 
雲の中を歩くトレーニング覚悟で決行。
 
 
 
 
日光白根山ロープーウェイの運行開始時間に到着できれば良いので4時過ぎに出発。
 
首都高速を走行中に夜が明けましたがどんよりと曇り空。
 
赤城SAで舞茸うどんを食べながら赤城山に登る朝日が幻想的でした。
 
関越道の沼田ICを下りて丸沼高原へ向けて走ると、徐々に雲が取れて日光白根山ロープーウェイ山麓駅に着いた時は快晴です。
 
普段の行いが良いですからね (^^♪
 
 
 
 
ロープーウェイは既に運行開始しており、2パーティーが準備中でした。
 
スキー場と登山口が同じだとトイレが綺麗で良いですね。
 
我々も早速準備してロープーウェイに乗ります。
 
ロープーウェイが高度を上げて行くと、素晴らしい景色が視界に入ります。
 
一面の雲海に飛び出す山々が実に素晴らしい。
 
ロープーウェイを下りてから時間が無いのに天空の足湯で記念撮影。
 
 

 

 

 

 

 
 
 
 
登山口の二荒山神社で登山の安全を祈願して森林帯へと入って行きます。
 
苔類のグリーンが美しい。
 
最初はなだらかな登りですが徐々に急登となり森林限界へ出ます。
 
森林限界へ出る直前の開けた場所で富士山発見。
 
関東平野一面の雲海に綺麗に浮かんでいました。やっぱり富士は見る山です。
 

 

 

 

 

 

 
 
 
森林限界を超えるとガレ場となり小石状の足場は滑りやすいです。
 
普通なら30分程度で頂上へ立てますが、我々は素晴らしい景色を楽しみながら1時間掛けて登ります (^^ゞ
 
小さな谷を通り登ると頂上が見えてきますが、そこから少し下り30m程登ると山頂です。
 
標高2,578m日光白根山の山頂に12時10分到着です。
 

 

 

 
 
 

 

 

 
 
 
山頂に近いスペースは既に満員なので手前のピークへ戻りランチタイム。
 
今回はカレーに挑戦です。
 
飯盒でインスタントご飯を温めて、クッカーでレトルトカレーを温めます。
 
初カレーだったので準備不足でスプーンを忘れてしまいペットボトルを切ってスプーンを作りました (^_^;)
 
勿論ビールはロックアイスに抱かせて運んだのでキンキンに冷えています (^^)v
 
普通のレトルトカレーを食べているのですが、標高2,578m日光白根山の山頂での味は格別です。
 
絶景、絶景、超絶景
 
じっとしていると標高が高く紫外線が強いのか日差しを強く感じます。
 
山頂の静寂を破り轟音が聞こえ、F4ファントムが男体山との間を飛んで行きました。
 
 
 

 

 

 

 
 
 

潮が満ちる様に雲海が押し寄せてきたので13時30分下山開始です。
 
前回は暴走して五色沼へ行きましたが、今回は頂上でゆっくりしたのでピストン。
 
一時間ほど下ると完全に雲の中へ、天気予報が当たりました。
 
二荒山神社に参拝してロックガーデンにもどると何も見えません。15時30分
 
山頂喫茶しらねでソフトクリームを買いロープーウェイで下山です。
 
帰りは老神温泉に立ち寄り22時に帰宅。
 

 

 

 

 
 
 
今回は良い天気に恵まれて、久しぶりに雲海に浮かぶ山々を堪能できました。
 
次は10日前後に那須岳の紅葉登山の予定ですが・・・
 
9日に実家へ釣りビジョンの取材が入ったので天気が良ければ乗ります。
 

今回は写真はソニーα100レンズはDT18-70
 
空を意識して撮影してみました (^^ゞ
 
デジブックはこちら(フル画面でご覧ください)→http://www.digibook.net/d/6615e9d791db02b1eea802e55068a729/?viewerMode=fullWindow
  1. 2013/10/02(水) 14:10:13|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

プロフィール

ガッチャン

Author:ガッチャン
源流から本流、沖釣りまで広く浅く釣り歩いている基本ルアーマン。
登山、スキー、キャンプも回数は少ないですが出掛けています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
沖釣り (55)
日常 (128)
渓流・湖 (58)
サクラマス (41)
オフショアルアー (27)
車 (3)
スキー (23)
登山・トレッキング (40)
サーモン (10)
旅行 (7)
自転車 (1)
写真・カメラ・スマホ (2)
グルメ・食べ物ネタ (14)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR