FC2ブログ

癒しの釣りを楽しむ

外房のヒラマサ(小マサ)

このところ好調な外房のヒラマサへやっと出撃
前回は台風通過直前で出船キャンセルでしたが、今回はこの秋最後の穏やかな秋晴れの中でオフショアルアーフィッシングを堪能できました。

ヒラメで出ていた午前船が帰港、入れ替わり大原沖ポイントはヤキバへ向けて出港。
状況は沖へ出てみないと分からないギャンブルな釣り。
勿論、釣る気で来ているのだが、期待と不安が入り乱れて何とも言えない気分・・・
海はウネリがあるものの穏やかな天候で最高に気持ちが良い。

ポイント近くになり鳥が飛んでいる。
オキ船長は幾つかの鳥の群れの一つに狙いを絞って静かに近づいた。
ハイどうぞの合図でキャスティング
このところはトップで良い形が釣れているので皆さんプラグ系でのトップ狙い。
勿論、ジグでもトップ付近を狙う。

ラインの癖を気にしながらキャストした開始3投目、10メートル程沈めてジャーク、途中でトゥイッチに切り替えた瞬間にゴツッとアタリが
そのままロッドを立てて強力なフッキングを入れる。
その直後に奴は海底へ向けて走り出した。
撓るロッドの先が小刻みに引き込まれて、掛かった魚がヒラマサであると分かった。
オキ船長のヒットと言う声と同時にファイティング体勢へ。
通常のドラグ設定をしていたが、ジィー~~~と言うドラグの滑る音が止まらない。
奴はどんどん海底へ向って突っ走る。
ファーストランは走らせたが、基本ラインを出させない主義の俺。
最初の感触からして5キロ程度かと思ったが、締め込んだドラグからラインを引き出すとは・・・
ドラグは滑るが、少しずつポンピングで上げる。
リーダーが見える辺りまで来ると、奴も船底が見えるのか最後の抵抗を見せる。
強烈に船底へ入り込みフックアウト体勢に行こうと言うのか
絞めこんだドラグだけではバレル危険があるため柔軟なロッドワークでかわす。
船底から引き出すと、海中にキラキラと奴を確認できた。
慎重に八の字を画くようにオキ船長の構える網へネットイン
オキ船長のおめでとうと言う言葉に応えガッチリ握手。
今シーズの初ヒラマサ(小マサ7.1kg)をキャッチ。



沖へ着いて10分でヒラマサを釣ってしまい満足(笑)
その後、トップを攻め続けた同船者のプラグにヒラマサが襲い掛かるもフッキングせず。更に仲間にもバイトがあり、見事にフッキング
もの凄い勢いでドラグが鳴る。
ヒラマサのファイトに魅せられた男のロッドワークは素晴らしく、無難にヒラマサ(10.2kg)をキャッチ
素晴らしい夕日が房総半島に沈んで終了。
結果5名で10kg~4kgのヒラマサを5本、他ワラサ4本とハタ1匹でした。


スポンサーサイト



  1. 2009/11/01(日) 06:50:36|
  2. 沖釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

プロフィール

ガッチャン

Author:ガッチャン
源流から本流、沖釣りまで広く浅く釣り歩いている基本ルアーマン。
登山、スキー、キャンプも回数は少ないですが出掛けています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
沖釣り (55)
日常 (128)
渓流・湖 (58)
サクラマス (41)
オフショアルアー (27)
車 (3)
スキー (23)
登山・トレッキング (38)
サーモン (10)
旅行 (7)
自転車 (1)
写真・カメラ・スマホ (2)
グルメ・食べ物ネタ (14)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR