FC2ブログ

癒しの釣りを楽しむ

燧ケ岳 登山

昨年膝を痛めて行けなかった燕岳~常念岳縦走、今年も膝が完治しないので燕岳ピストンで登ろうかと・・・

6月にトレーニングで筑波山を登っただけで、ちょっと間が空いたので燧ケ岳を登ってみた。

ちなみに膝を痛めた原因はトレランに挑戦しようと無茶に走り過ぎた様で(^^ゞ

医者には走るなと言われてますが、走りたくて我慢できずに走っています。






8月25日(日)

不安定な天候が続くなかの晴れ予報を逃さず宿を予約して檜枝岐へ。

燧ケ岳の日帰り登山なら御池登山口が定番らしく前日に檜枝岐入り。

今回も民宿に泊まりましたが、前回同様に食事が美味しくて清潔な宿で、質の良いサービスを感じましたよ。

イワナの刺身にイワナの塩焼きで飲んだくれました(^^ゞ




hiu1.jpg




hiu2.jpg




hiu3.jpg







8月26日(月)

宿での朝食は6時半から可能なので食べてから御池登山口へ。

御池登山口駐車場まで檜枝岐集落から25分位で到着。

御池登山口(標高1,500m)から俎嵒(まないたぐら標高2,346m)に向けて登り始めます。




hiu4.jpg






最初は木道を尾瀬散歩気分で歩き始めますが、直ぐにハードな登りと泥濘の連続に・・・

広沢田代と熊沢田代の湿地帯を歩き低樹林帯を登り続けます。

4合目を過ぎた辺りで左足にに違和感が・・・なんか登り難いい思ったら登山靴のソールが剥がれました。

道は滑りやすくて参りましたが、紐で何度も縛りなおして登り続けます。

途中沢のガレ場を落石を心配しながら登り、やっとで俎嵒(標高2,346m)に到着。




hiu6.jpg




hiu7.jpg




hiu8.jpg




hiu9.jpg




hiu10.jpg






山頂は隣のピークの燧ヶ岳最高点の柴安嵓(しばやすぐら標高2,356m)なのですが・・・

一度下って登り返すので今回は俎嵒で燧ケ岳制覇としました(^^ゞ

眼下には尾瀬沼、尾瀬ヶ原、周りには北関東や新潟、福島の山々を望みながら宿の弁当でランチタイム。


尾瀬沼です。帰りは尾瀬沼まで下り2時間でした。
hiu11.jpg





hiu12.jpg






登って来た登山道のハードなことと泥濘の多さで、同じルートで下りたくないと・・・

何人かに話しかけて下りルートの情報を貰い暫く悩んだが・・・

地図では2時間余計に歩くことになるが尾瀬沼へ方面へ下山・・・明らかに暴走(笑)




hiu13.jpg






尾瀬沼まで下山してから、沼山峠のバス停まで必死で歩きました。

何とか最終バスの1本前で御池登山口に戻れました(^^ゞ

燧の湯で汗を流し23時に自宅到着。




hiu14.jpg




hiu15.jpg






9月1日にフグ解禁・・・行こうかな(^^)/

ヒラマサも良くなれば出撃予定。

その前に燕岳へ行くかな・・・









朝日新聞は日本の敵だ(-_-メ)
スポンサーサイト



  1. 2019/08/31(土) 08:20:38|
  2. 登山・トレッキング
  3. | コメント:12

平標山登山 新潟県南魚沼




梅雨に入ってからスッキリ晴れる日が少なく、天気予報も微妙に変わったりして、出掛けるタイミングを逸していました。

渓流釣りでの多少の雨は良いけれど、登山での雨は登る意味がないですから・・・

そんなこんなで22日金曜日の晴れ予報に、谷川連峰の最高峰仙ノ倉山を目指して出掛けてみた。








予定では塩沢の道の駅で車中泊して、早朝から登り始め様と考えていましたが・・・

色々あって早朝に出発することに・・・

3時に自宅を出ても元橋駐車場には7時半の到着となってしまいます。





グリーンシーズンでは2~3回、スキーでは3~5回は湯沢インターへ。











元橋駐車場は何時もは10台位しか停まっていませんが、この日は梅雨の合間の晴れとあって30台以上は駐車してありました。

準備して出発、元橋登山口から登り始めます。

昨年、登った燕岳の登り始めは北アルプスの三大急登と言われていますが、私的には元橋からの平標山の始めの登りの方がキツイと思いますよ。




昨年からトイレが新しくなりました。




今回はペット連れは見掛けませんでしたが、走る人は何人か見掛けましたよ。








この急登を1時間以上登ります。










取り付きからの急登では登山を始めた当初は10分登っては立ち止まりの繰り返しでしたが、最近は身体も慣れ登るコツも分かってきて体調が良ければ30分に1回の休憩でどんどん高度を上げていきます。

しかし松手山1,613m辺りからは徐々に酸素濃度の薄さを感じ始め1,700mのガレ場の階段からはヒーハー言いながらの登りに・・・

おまけにこの日はチョッと風邪気味で登りがキツイことキツイこと・・・、結局予定を1時間オーバーしての平標山山頂への到着。




木陰の間からの苗場山




木陰の間から苗場スキー場









松手山からの苗場山




松手山を通過しての急登。登山者が見えます。



ガレ場では一気に登れません(^_^;)




ガレ場を登り切り、振り返って松手山方面




平標山の山頂が近くなりました。



またまた振り返って松手山方面、奥は苗場山とカグラ峰











そうそう!最初の急登が終わり、送電線の鉄塔下で皆さん休憩するのですが、後から登って来て我々に追い付いた男性が鉄塔下で休んでいたら熊が出たと!

話を聞くと、鉄塔下で独りで休んでいるとガサガサと音がして10メートル位まで熊が接近、ペットボトルを握りつぶしてバリバリバリと音を立てたら熊が慌てて逃げて行ったそうな・・・

最近は熊の話を良くし何処で遭遇するか分かりませんね・・・









時間的に仙ノ倉山を目指すのは無理と判断して、暫く山頂付近で花を見てから平標山の山小屋方面へ少し下ったベンチへ。

キンキンに冷えたビールをプシュッと(^^)/

いやぁ~山頂ビールは超美味しいですよ(笑)

晴れ予報を狙っての今シーズン初登りは気持ち良く歩けました(^^♪~

花の見ごろには2週間ほど遅かった様ですが絶景も楽しめ癒しの一日に。

40分程休んでから平標山の山小屋経由で下山です。




平標山の山頂プレート。正面から撮影したいのに、後ろで弁当を食べているKYな人が・・・
山頂は広くて混雑している訳でもないのにな・・・ほんと迷惑なKY登山者もどきだよ。



仙ノ倉山方面、二つ目のピークが仙ノ倉山かな・・・(^^ゞ



こちらへ行くと平標山新道、直下は仙ノ倉谷、毛渡沢
奥には岩原スキー場が更に奥には巻機山が・・・







































ハクサンコザクラは少なかったな・・・



キンキンに冷えたビールが超美味いぜ(^^)/







山小屋への下り。奥は三国山
















温泉が汗を流し、中野屋のへぎ蕎麦を食べるコース(^^♪






こんにちは、

素晴らしい展望。
飲料も良いな~。
有難うございます、楽しめましたよ。
2018/6/24(日) 午後 2:25 [ BEAT MR ] 返信する

行って来ましたね。
そうなんですよね、ガレ場の階段キツくて何時もヒーコラ言いながら登ってます(≧∀≦)
鉄塔の所に熊ですか? う~ん困った。 平標山は今度平標新道から登ろうと思っていたのですが、確実に遭いそうですね。

日頃の行いですかね? 谷川連峰 風も強く無く、ガスも無いなんて良い登山日和で羨ましいです(^^)
2018/6/24(日) 午後 3:15 [ はるりん ] 返信する

高山の花々も今が盛りですし、いい景色ですね。
こちらもハアハア言いながら登った気になりましたよ(笑)
気持ちが↓になるKY登山者がいても、気持ちをハイにしてくれる山ガールはいなかったんですね。残念!
2018/6/24(日) 午後 5:08
返信する

やはり1400あたりから酸素の薄さを体感しますよね^^;
ビールが小さくないですか?まさか缶が縮んだとか・・・
しかしこの梅雨時期でも雨が降って風が吹いてくれればクリアになるんですけど今年は、イマイチで(;´д`)
そんな中でも良い登山が出来て良かったですね>^_^<
2018/6/24(日) 午後 6:34
返信する

> BEAT MRさん
天気に恵まれて絶景を楽しめました。
山頂ビールも美味しかったです。
晴れて登山者が多いのに熊が出たのが驚きましたよ。
2018/6/25(月) 午前 7:08
返信する

> はるりんさん
ハイ、晴れを狙っての遠征でした(^^)/
松手山から先が厳しいですね、ガレ場の階段は何回も休みながら登りますよ。
トレーニング不足もあり筋肉痛になっています(^_^;)

この日は晴れて登山者が多かったので、まさか熊が出るとは思わず鈴も付けませんでした。
鈴を付けている人の方が少なかったですよ、やはり熊鈴は付付けた方が良さそうですね。

晴れを狙っての登山でしたから、これで曇ったら気象庁に怒りの電話します(笑)
2018/6/25(月) 午前 7:17
返信する

> freetimeさん
山頂付近では花畑状態になってましたが、ハクサンコザクラは少なかったです。
もう10日くらい早く登りたかったですが、この時期は晴れる日が少ないですから・・・
平日ですから山ガールは見掛けませんでしたよ、昔山ガールは多かったですが・・・(笑)
2018/6/25(月) 午前 7:24
返信する

> つぶやきさん
このコースは1,614mの松手山からの急登がキツイですよ。
森林限界からのガレ場の急登が更に厳しい(^_^;)
ビールは350で丁度いいですよ、ロックアイスと一緒に保冷袋に入れてるので荷物も軽くしたいし・・・
晴れを狙っていきましたからね(笑)
皆さんも晴れ間を狙って来たようで、平日なのに休日並みに登山者が多かったですよ。
そんな中でも熊さん登場とはチョッとビックリです。
2018/6/25(月) 午前 8:18
返信する

素晴しい景色ですね~永延と続く稜線が雄大さを感じさせます
そして標高の高いところに咲く花など派手ではないけど綺麗ですね
ビールも一際旨いでしょうし、自分も飲みたくなってしまいました。
2018/6/25(月) 午前 9:31
返信する

> 相模の釣師さん
登る時は厳しいですが稜線に出ると気持ちが良いですね(^^♪
稜線の所々に高山植物の花畑があり綺麗でしたよ。
ハクサンコザクラを期待して行きましたがチョッと遅かったのか少なかったです。
お互いに山頂ビールは止められませんね(笑)
2018/6/25(月) 午後 4:58
返信する

おはようござい鱒🎵

ガッチャンさんの登山記事を読んでいると、釣りガール❔オバハン❕から山オバハンに変身したくなります☺️(笑)

山の頂きで絶景をつまみで飲むビールが飲めない私にも美味しそうに見えちゃいます🎵

登った気にさせてくれる素敵なphoto✨最高です🎵

久々に山登りがしたく、お師匠は登らないので、子供の頃山登りに連れて行ってくれた両親に聞いてみたら…年だからと拒否されました😅(笑)

なので、ガッチャンさんの記事で一緒に登った気に…いつも素敵な絶景をありがとうござい鱒🎵
2018/6/26(火) 午前 7:02 [ 綴り人 ] 返信する

> 綴り人さん
山ガールへの変身は良いんじゃないですか(^^)/
イワナの調査として渓へ入り、そのまま頂上を目指す平標新道コースもありますよ、是非師匠さんを連れて渓のイワナ調査してみては(笑)
山頂ビールは止められません。山頂ビールが飲みたくて山に登っている様なものです(^^ゞ
最後から3枚目の写真の女性もビールを飲みながら山に癒されていましたよ。
写真は大部分はスマホです。動画に挑戦する予定でしたが装備が重くなるので挫けてしまいました(^_^;)
余計な物を持たないで正解でしたよ、筑波山で3回もトレーニングしたのに平標山に登ったら筋肉痛になって歳を実感しています(^^ゞ
2018/6/26(火) 午前 10:12
返信する










朝日新聞は大嘘つき新聞
  1. 2018/06/24(日) 14:20:41|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

登山トレーニング開始 筑波山




今年も登山トレーニング開始です。

冬山は登らないので、オフシーズンの間に筋力が落ちていますからね・・・

いきなり2000m級に登るのはキツイので筑波山からトレーニング開始。







普通に朝食を食べてからの出発で登山口に着いたのが11時(^_^;)

先ずは筑波山神社に登山の安全を祈願します・・・可愛い巫女さん発見(^^)/

今回の登山は御幸ヶ原コースをピストンします。















ゆっくり登り始めると、意外と調子よく登れます。

中間地点まで途中1回の休憩で到着。

しかし終盤の長い階段辺りでは大腿二頭筋に違和感が・・・

一気に男体山山頂まで登り、表示コースタイム+15分(^^)/


















展望タワーで昼食後にカタクリの群生地へ。

標高800m位からは登山道でもカタクリの花を見ることができます。

カタクリ群生地は2haの敷地に3万株があるそうで、この日は五分咲きと表示されていました。


































女体山山頂に到着しましたが、春霞で遠くまで見渡せませんでした。

目的はトレーニングなのサッサと下山開始。

膝を庇いながらの下山で、登りと大差ないタイムでした(^^ゞ
















数回のトレーニング後に谷川連峰最高峰の仙ノ倉山に登ります。






登山は、登りより下りが身体に堪えますからね^^;
登りは、コースタイムの2/3くらいで登れると日帰り登山も結構余裕で予定が組めますよ。
まれにカタクリで色素の抜けたのや白いカタクリがあったりするんですが登山道付近だと採られるでしょうねぇ(;´д`)
2018/4/5(木) 午後 7:12
返信する

筑波山って観光がてら登ってみたい場所なんですよね
納豆好きだから帰りのSAでも定食食べれそうだし。
羨ましいです。
2018/4/5(木) 午後 8:10
返信する

> つぶやきさん
歳ですからね、無理して身体を痛めると回復に時間が掛かりシーズンを棒に振りますから・・・
コースタイムの三割増しで楽しみながら登っていますよ。
白カタクリですか、見掛けませんでしたね。
花を見ながらの登山も楽しみですが、写真を撮っていると相当時間ロスします(^^ゞ
2018/4/6(金) 午前 8:21
返信する

> 相模の釣師さん
筑波山は昔は賑わっていたでしょうが、今はチョッと寂れた感がありますね。
まぁ~観光には空いていていいのでしょうが(笑)
相模の釣師さんならサクッと散歩感覚で登れると思いますよ。
SAには無いと思いますが納豆ラーメンもありますので、是非一度筑波山へ。
2018/4/6(金) 午前 8:31
返信する

巫女さんををつまみにビール🍺の画像を期待したいたのですが残念です

2018/4/6(金) 午前 10:03 [ ききちゃん ] 返信する

> ききちゃんさん
生飲みたかったですが、登り始めが昼近くで時間が無かったです。
下山して直ぐに運転ですから・・・
次は巫女さんの写真アップしましょうかね(^^)/
2018/4/6(金) 午前 10:18
返信する

こんにちは✨

お疲れ様でした➰☺️

お膝元は大丈夫ですか❔

よく膝がわらっちゃうとか言いますが…そんな感じですか❔

可愛い巫女さん…気になりますね➰🎵

ガッチャンさんの好みが分かりそうですね😆❤️

カタクリの花💠綺麗ですよね…今年は見そびれてしまったので、photographガッチャンの画像でお花見させて頂いちゃいました🎵

素敵な画像をありがとうございました🙇

日曜日の準備しっかりしております☺️

今年も釣れるおまじないの渇入れをお願い致します🎵

足の違和感と膝の痛み…良くなりますように、お大事にされてください☺️
2018/4/6(金) 午後 0:11 [ 綴り人 ] 返信する

> 綴り人さん
有難う御座います。登り始めは毎年心地良い筋肉痛になっています(^^ゞ
運動はしているのですが、結構な標高差を登るとなるとね・・・
トレーニングせずに2000m級に登ると下山時に膝が笑うと言う状態になりますよ。


例年は連休後にトレーニングを開始するので、カタクリの花は終わっていますが、今年は暖かいので早目のトレーニングで花を見ることができました(^^)/
やはり釣れるのはお清めが効いているのかと・・・(^^ゞ
2018/4/6(金) 午後 2:42
返信する

いよいよ再開ですね。
私も と思っているのですが 体のあちこちがギシギシ音を立て トレーニングすら出来ない状態ですσ(^_^;)
もうしょうがないので このまま登っちゃいます٩( 'ω' )و

カタクリの花 良いですよねー そろそろイワウチワやタムシバも咲き始めたみたいです。
2018/4/6(金) 午後 3:27 [ はるりん ] 返信する

> はるりんさん
はるりんさんはトレーニングは必要ないのでは・・・
越後三山に谷川連峰は庭みたいなものでしょうから(^^)/
歳も私よりだいぶ若そうだし・・・(笑)

これからは高山植物の花が良い季節になりますね、今回はコンデジでしたが仙ノ倉はデジイチで撮影したいと思います。
2018/4/6(金) 午後 5:57
返信する

おやおや、かわいい巫女さんの写真が無いとは…それともわざと…(笑)
読者にもご利益のおこぼれをください(笑)
もうカタクリが咲いてるんですね♪
2018/4/6(金) 午後 6:53
返信する

> freetimeさん
この日はデジイチ持って行かなかったので・・・
やはり美しい被写体は綺麗に撮りたいですからね(笑)
カタクリは五分咲きだったので今頃は満開かも・・・
今月にはもう一度登るので終わらなければいいのですが(^^)/
2018/4/9(月) 午前 7:30
返信する





朝日新聞は北朝鮮と支那の広報誌だ。
  1. 2018/04/05(木) 18:10:20|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

北アルプス 燕岳登山





北アルプスの燕岳標高2,763 mに登ってきました。10月3日(火)~5日(木)




10月3日

アルプスの表銀座を登り、アルプスの女王と言われる燕岳山頂を目指しました。

紅葉の時期になるので麓と山頂の山小屋を予約しての登山です。

〇〇山と胸を張って言えるような山が無い千葉県、標高の高い山に登るには身体を慣らしていかないと・・・

と言うことで登山口近くの有明荘(標高1,380m)に一泊して温泉でリラックス、ほのかに硫黄臭がありスベスベ感のあるなかなか良い泉質の温泉でしたよ。

登山者の前泊用に設計された様で部屋は滅茶苦茶狭かったです。

有明荘→http://enzanso.co.jp/ariakeso/index.html















10月4日

朝、目覚めると外は雨・・・(>_<)

黒部に続き合羽を着ての登山となりました。日頃の行いは良いはずなのにな・・・

雨登山となったので荷物の再点検、デジイチとアクションカムは車に置いて登ることに・・・







中房温泉の登山口(標高約1,462m)から燕岳(標高約2,763m)を目指して登り始めます。

北アルプスの三大急登と言われている登り、平標山の登りも急登が続くのでそれ程驚きませんが、雨の日に合羽を着ての登りは辛い・・・

何が辛いって、合羽のフードで視界が狭く、雲で周囲の景色も望めず。次の休憩ポイントを目指し黙々と登るのみ・・・





市営駐車場は満車。




中房温泉登山口








第1ベンチ



第2ベンチ






第3ベンチ








富士見ベンチ





合戦小屋(標高2,350m)



スイカの販売は終わっていました。











合戦小屋を過ぎると尾根に出て素晴らしい視界があるはずなのに・・・雲の中で何も見えず。

















登って行くと支那語を話しながら下りてくる4名の登山者、狭い所ですれ違いざまにチャイニーズ?台湾?と聞いたら台湾と返事が、思わず台湾頑張れ頑張れと言ったらハイタッチして盛り上がりました(笑)







尾根を歩いて行くと遠くから燕山荘(標高約2,712m)が見えるはずなのに真っ白の雲の中、最後のアプローチまで来てやっと山小屋を確認。




















この日は中秋の名月、夜は外で星空と名月観賞を楽しみにしていましたが、もう一つの楽しみにどっぷりと・・・(笑)

夕食後は山小屋のオーナーがスライドを使って燕岳の自然や登山に付いて話をしてくれます。

燕山荘→http://www.enzanso.co.jp/






燕岳方面へ歩いて行く人もいましたが、この天候ですね・・・



外は雲のなので、当然これでしょう(^^♪ 展望喫茶室で生ビール(^^)/ くぅ~うめぇ~



二杯目いきました(笑)



ケーキセットもあります。



夕食です。酔っ払って手ぶれしています(^^ゞ



燕山荘オーナーによる山の話とホルン演奏。












10月5日

朝は5時朝食、半分寝ぼけた状態で食べていると、窓の外がオレンジ色に染まり始めました。

急いで屋外へ出たら滅茶苦茶寒かったですよ、気温氷点下2度で風があり体感は氷点下4度以下(^-^;

しかし眼下には雲海が広がり、雲の切れ間からは夜明け前の安曇野市の街の灯りがキラキラ、周囲の山肌が陽に照らされて紅く染まる様は感動の一言、何も見えずに登ってきた疲れが吹っ飛びました(^^)/





陽が登る付近に雲が掛かり、ご来光は拝めませんでしたが素晴らしい光景でした。



富士山と雲海、雲海の下は安曇野市



ご来光を期待して集まった登山者。



突然荷上げヘリが飛来









7時過ぎには小屋をチェックアウト、荷物は小屋にデポして燕岳山頂へアタック。

燕山荘から燕岳山頂までは約40分、周囲のダイナミックな景色を味わう様にゆっくりと山頂へ・・・

高所が苦手な私にはチョッとスリリングな場所もありますが燕岳山頂に立てました。






イルカ岩、イルカの姿に見えるでしょう。後方には槍ヶ岳が確認できます。



燕山荘方面、タイミング良くヘリも飛んできました。



燕岳(標高2,763 m)の山頂到達\(^o^)/






山頂からの五郎岳、三ッ岳、針ノ木岳方面



山頂からの燕山荘、大天井岳、常念岳縦走ルート。後方は南アルプスと富士山



山頂からの槍ヶ岳



飲み過ぎと寒さで元気なし(笑)








帰りながらライチョウを探しましたが出会えず。






出遭えたのはTV撮影隊の自然破壊 (-_-メ)

前夜には燕山荘オーナーが1人の登山者が登山道外に入ったために翌年からコマクサが咲かなくなったエリアがあり、絶対に登山道から外れない様にと注意があったのに、撮影で登山道の外を走り回っていました。呆気にとられて言葉もです・・・

さすが朝日放送、海ではサンゴを傷つけ、山でも大切な高山植物エリアを踏み荒らす行為、これはもはや日本人のする行為ではないと感じましたが・・・

日本人や日本の自然なんてどうでも良い朝日放送と朝日新聞なんですね(笑)もう笑っちゃうしかない。朝日新聞は解約しましょう。








素晴らしい眺めに嫌なことも忘れて下山開始です。

登りとは打って変わり素晴らしい眺めを堪能しながら森林限界へ














4時間で中房登山口に到着です。

有明荘で温泉に入り帰途へ・・・
















写真はコンデジDSC-TX5とスマホXperiaXZ

コンデジとスマホではPC画面いっぱいに表示すると粗いですね・・・

やはり腐ってもデジイチ、持って登れば良かったです(^^ゞ







次は紅葉登山かフグ釣り。










嘘記事ばかりの朝日新聞に洗脳されない様に購読は止めましょう。
  1. 2017/10/07(土) 15:33:43|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

中央アルプス 木曽駒ケ岳登山 9月4日




この夏の天気には翻弄され続けて8月に予定していた登山が9月にずれ込んでしまった。

やっとのこと晴れ予報になり中央アルプスの木曽駒ケ岳に登ってきました(^^)/






前日は早目に就寝して2時起きして3時に成田を出発、途中談合坂で朝食。

7時前には中央高速の駒ケ根インターを降りて菅の台バスセンターへ。

山岳道路への一般車両乗り入れができないので、バスセンター駐車場にマイカーを停めてバズでロープーウェイのしらび平山麓駅へ。

準備をして停留所へ行くと丁度7時始発バスが発車してしまいましたが、10名程度が並んだところで臨時便を出しますと・・・10分待ちでバスに乗り出発。

30分バスで揺られ標高1,662mしのび平山麓駅へ。

今日は登山ですがバスから見えた渓流が凄く気になって・・・(笑)
ロープーウェイも30分間隔運転となっていますが、乗る客が居れば即折り返し運転らしい・・・












7分半で千畳敷駅に到着、既に標高2,612mです(^^)/

駅前の駒ケ岳神社で安全登山を祈願して、千畳敷カールの遊歩道を歩き始めます(^^♪

千畳敷カールは既に森林限界を越えています。






ロープーウェイ千畳敷駅からの南アルプとその後方の富士山。朝霧雲に包まれる駒ケ根市街地







千畳敷カールの遊歩道を八丁坂に向けて歩き始めます。






もうピークは過ぎていますが、沢山の種類の花が見られました。









































遊歩道から八丁坂の登りに入り、徐々に急斜面になり、標高も3,000m近くになり息切れしてキツイ(^-^;

八丁坂の急斜面は落石の危険があり、ヘルメットを被っていた登山者も・・・

私もヘルメットは持参しましたが、リュックから出すのが面倒でノーヘルで登ってしまった(^-^;






八丁坂から千畳敷ホテル



休憩して絶景を楽しむ



皆さん所々で休憩








八丁坂を登り切るとパッと開け乗越浄土に到着。

支那人が多く標識杭から離れないので撮影できず。

宝剣岳2,931mを眺めながら中岳へ向かいます。





左から宝剣荘、天狗荘、中岳





中岳を登る途中で振り返っての宝剣岳



中岳からの伊那前岳、乗越浄土


中岳2,925mに到着







中岳から少し下った場所に頂上荘とテン場があります。

テントは徐々に増えてました。

コンビニでビールを買い忘れたので頂上荘で購入(^^ゞ






頂上荘



頂上荘前からテン場と中岳



頂上荘から駒ケ岳山頂方面







木曽駒ケ岳の山頂に到着

山頂には伊那と木曽の二つの駒ケ岳神社の社殿があります。

安全に下山できます様に祈願致しました。













プシュッとして・・・クゥ~ウメェ~\(^o^)/ 山頂ドライは最高(笑)








北アルプス 焼岳、穂高岳、槍ヶ岳



2014年9月に噴火した御嶽山



山頂からの宝剣岳



山頂からの伊那前岳、その後ろは南アルプス。おまけで富士山も小さく(^^)/







予報では晴れでしたが曇りがちな天気でスッキリ晴れませんでしたが、木曽駒ケ岳山頂でまったりして超気持ち良かったですよ。

ドライはキンキンとまではいきませんが、冷えていて美味しかった(^^♪






下山途中で格好いい宝剣岳をパチリ



八丁坂の急斜面を下り切って千畳敷駅方面をパチリ









下山後は高速を飛ばして松川町の町営温泉清流苑へ。

メルメル感のある温泉ですが、風呂上がりのスベスベ感は無かった・・・

硫黄臭がほんのり漂えば温泉気分満喫なんでしょうがね9つの種類温泉で500円とリーズナブル
http://www.seiryuen.jp/








セブンでコーヒーを買い高速へ・・・

23時に自宅に到着

往復610km走っての日帰り登山でした。




撮影はソニーα100
一部Xperia XZ





次は解禁した大原のフグ釣りです。











朝日新聞は日本人の敵です。
  1. 2017/09/06(水) 17:54:38|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19
次のページ

プロフィール

ガッチャン

Author:ガッチャン
源流から本流、沖釣りまで広く浅く釣り歩いている基本ルアーマン。
登山、スキー、キャンプも回数は少ないですが出掛けています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
沖釣り (55)
日常 (128)
渓流・湖 (58)
サクラマス (41)
オフショアルアー (27)
車 (3)
スキー (23)
登山・トレッキング (38)
サーモン (10)
旅行 (7)
自転車 (1)
写真・カメラ・スマホ (2)
グルメ・食べ物ネタ (14)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR